ジョヴァンニ・ディ・ドゥラッツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョヴァンニ・ディ・ドゥラッツォの紋章

ジョヴァンニ・ディ・ドゥラッツォ(Giovanni di Durazzo, 1294年 - 1336年4月5日)は、ナポリ王カルロ2世と王妃マリア・ドゥンゲリアの末息子で、アンジュー=シチリア家の分枝アンジュー=ドゥラッツォ家の祖。グラヴィナ伯(1315年 - 1336年)、ドゥラッツォ公(1332年 - 1336年)、アカイア公(1322年 - 1332年)。ジョヴァンニ・ディ・グラヴィナ(Giovanni di Gravina)、ジョヴァンニ・ダンジョ(Giovanni d'Angiò)とも。兄にハンガリー王位請求者カルロ・マルテッロ、ナポリ王ロベルト、ターラント公フィリッポ1世らがいる。

1318年、アカイア女公マオー・ド・エノーと結婚したが、1321年解消した。アカイア公位はマオーから没収され、兄ナポリ王ロベルトを経て、1322年にジョヴァンニに与えられた。

1321年に結婚した2番目の妻アニェス・ド・ペリゴールとの間に4男をもうけた。

関連項目[編集]

先代:
ナポリ王ロベルト
アカイア公
1322年 - 1332年
次代:
ターラント公ロベルト
先代:
ドゥラッツォ公
1332年 - 1336年
次代:
カルロ
先代:
ピエトロ
グラヴィナ伯
1315年 - 1336年
次代:
ルイージ