カルロ・ディ・ドゥラッツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドゥラッツォ公カルロの紋章

カルロ・ディ・ドゥラッツォ(Carlo di Durazzo, 1323年 - 1348年1月23日)は、ナポリ王国の貴族。アンジュー=シチリア家ジョヴァンニ・ディ・ドゥラッツォとアニェス・ド・ペリゴールとの間の息子。ドゥラッツォ公。

生涯[編集]

カルロは1336年に父の跡を継ぎ、ドゥラッツォ公となった。

1343年4月21日、アルバ女伯マリア・ディ・カラブリアと結婚した。マリアはカラブリア公カルロの娘でナポリ女王ジョヴァンナ1世の妹に当たり、当初はハンガリーラヨシュ1世もしくはフランスジャン2世の妃となる予定であった。しかしカルロをナポリ王位継承に近づけるため、マリアはカルロと母アニェスにより誘拐され、カルロと結婚させられた。

カルロはジョヴァンナ1世の夫アンドレアの暗殺の謀略からは一線を画し、ジョヴァンナおよびその2度目の夫ターラント公ルイージとは対立した。カルロは支援を求め、ハンガリー宮廷と接触した[1]。カルロは自身の目的のため、ラヨシュ1世の侵攻とジョヴァンナの逃亡を期待していたが、カルロは捕まえられアヴェルサでハンガリー人により斬首された。

アレクサンドル・デュマ・ペールは恋愛小説『ナポリのジャンヌ』(Jeanne de Naples)においてカルロをアンドレア暗殺の陰謀の首謀者とし、ハンガリー王によって死に至ったとしている。

子女[編集]

マリアとの間に5人の子女がいる。

マリアは後にターラント公フィリッポ2世と再婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Goldstone, p. 168

参考文献[編集]

  • Goldstone, Nancy Joanna, The Notorious Queen of Naples, Jerusalem and Sicily. Weidenfeld & Nicholson, 2010.

関連項目[編集]

先代:
ジョヴァンニ
ドゥラッツォ公
1336年 - 1348年
次代:
ジョヴァンナ