カルロ・マルテッロ・ダンジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・マルテッロ
Carlo Martello
アンジョ=シチリア家
Karel Martel.jpg
カルロ・マルテッロ・ダンジョ(14世紀)
出生 1271年9月8日
Flag of the Kingdom of Naples (Vectorised).png ナポリ王国ナポリ
死去 1295年8月12日(満23歳没)
Flag of the Kingdom of Naples (Vectorised).png ナポリ王国ナポリ
埋葬 Flag of the Kingdom of Naples (Vectorised).png ナポリ王国ナポリナポリ大聖堂
配偶者 クレメンツァ・ダスブルゴ
子女
父親 カルロ2世
母親 マリア
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カルロ・マルテッロ・ダンジョイタリア語: Carlo Martello d'Angiò, 1271年9月8日 - 1295年8月12日)は、ハンガリー王位請求者ハンガリー語名でアニョウ・マルテル・カーロイAnjou Martell Károly)、フランス語名でシャルル・マルテル・ダンジューCharles Martel d'Anjou)とも呼ばれる。アンジョ=シチリア家の分枝の一つでハンガリー王家となったアンジュー=ハンガリー家の祖である。

生涯[編集]

1271年、ナポリ王カルロ2世の長男として生まれる。母はハンガリー王女マリアイシュトヴァーン5世の次女)。また、父方の叔母イザベッラ(エルジェーベト)英語版は、母マリアの弟であるラースロー4世の妃であった。

1281年にドイツ王ルドルフ1世の五女クレメンツィア(クレメンツァ)英語版と結婚し、1男2女を儲けた(イタリア語名/ハンガリー語名の順に記す)。

1290年に叔父のラースロー4世が暗殺されると、アンドラーシュ3世の即位を認めず、自身の王位継承を主張して名目上のハンガリー王を称した。カルロ・マルテッロの王位は十字軍の派兵を条件にして、教皇ニコラウス4世によって承認された。しかし1295年、アンドラーシュ3世より先に23歳で早世した。

1301年にアンドラーシュ3世が死去してアールパード朝が断絶した後、ハンガリー王位はアールパード家の女系子孫たちによって争われ、最終的に息子カルロ・ロベルトが正式な戴冠を果たした(カーロイ1世)。

カルロ・マルテッロとクレメンツァの墓