アイホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度10分10.1秒 東経136度54分35秒 / 北緯35.169472度 東経136.90972度 / 35.169472; 136.90972

アイホン株式会社
Aiphone Co., Ltd.
AIPHONE CO., LTD. logo.png
Meiji-Yasuda Life Insurance Nagoya Building 20150426.JPG
本社が入居する明治安田生命名古屋ビル(2015年4月)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6718
名証1部 6718
本社所在地 日本の旗 日本
456-8666
愛知県名古屋市中区新栄町1丁目1番 明治安田生命名古屋ビル10階
本店所在地 愛知県名古屋市熱田区神野町2-18
地図
設立 1959年3月16日
業種 電気機器
代表者 市川 周作(代表取締役社長
資本金 53億8884万円
発行済株式総数 18,220,000株[1]
売上高 単体 384億65百万円
連結 426億70百万円
(2016年3月期)[1]
純資産 単体 381億52百万円
連結 435億44百万円
(2016年3月期)[1]
総資産 単体 454億92百万円
連結 521億98百万円
(2016年3月期)[1]
従業員数 単体 997名、連結 1,797名
(2016年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 市川周作 13.54%
(2016年3月31日現在)[1]
外部リンク http://www.aiphone.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示
本店所在地がある開発センター(2014年9月)

アイホン株式会社: Aiphone Co., Ltd.)とは、愛知県名古屋市中区新栄町に本社を置く電気機器メーカー。

インターホン業界でトップシェアを有する。

概要[編集]

インターホンなどの製造販売を行う電気機器メーカー。アメリカ合衆国・フランス・タイ王国・ベトナムなどに現地法人がある。

アイホンという商標[2]は、当時の社名である愛興高声電話器の「愛」とインターホンの「ホン」を組み合わせたものである[3]

アップルスマートフォン端末iPhone(日本ではSoftBankauNTTドコモが発売・運用)は、会社の名前と紛らわしく極めて酷似している為、日本でのiPhone発売に当たって、日本語での片仮名・長音符表記、発音は「アイフォーン」とすることで、双方が合意した。

また、「iPhone」の商標についても、アイホン株式会社が商標登録[4]をした上で、アップルに対して使用を許諾し、アイホン株式会社が年間約1億円の「商標使用料」をアップルから受け取るという形で合意がなされている[5]

2015年(平成27年)には、iPhoneとの連携が可能なテレビドアホンを発売した。

沿革[編集]

  • 1948年昭和23年) - 東海音響電気研究所として設立。
  • 1952年(昭和27年) - 愛興高声電話器合資会社に変更。
  • 1954年(昭和29年) - 製品商標を「アイホン」とする。
  • 1959年(昭和34年) - アイホン株式会社に改組[1]
  • 1990年平成2年) - 名古屋証券取引所市場第二部に上場[1]
  • 1999年(平成11年) - 東京証券取引所市場第二部に上場[1]
  • 2000年(平成12年) - 東京・名古屋両証券取引所市場第一部に指定替え[1]
  • 2015年(平成27年) - 管理・営業部門の本社を移転し、旧本社(本店)は技術部門の拠点(開発センター)とする[6]

主な製品[編集]

  • 一般インターホン機器
    • 家庭用インターホン
    • 業務用インターホン
  • セキュリティインターホン機器
    • セキュリティドアホン
    • 電気錠システム
  • テレビインターホン機器
    • テレビドアホン
  • ケアインターホン機器
  • 情報通信機器
    • 生活情報盤

事業所[編集]

  • 本社(愛知県名古屋市中区)
  • 開発センター(愛知県名古屋市熱田区)
  • 豊田工場(愛知県豊田市

広告活動など[編集]

CMについて

  • ラジオ広告はアイホンオリジナルソングをバックに流しながらというパターンが続いていた。近年は末尾に「ピンポンは、アイホン[7]」という新キャッチコピーが使われている。

主なCM出演者

など

提供番組[編集]

その他[編集]

  • アイホン独自の呼出音は、アメリカ合衆国で「音」の商標として、立体商標登録されている[8]

関連会社[編集]

  • アイホンコミュニケーションズ株式会社
  • AIPHONE CORPORATION(アメリカ
  • AIPHONE EUROPE N.V.(ベルギー
  • AIPHONE COMMUNICATIONS(THAILAND)CO.,LTD(タイ
  • 愛峰香港有限公司(中国
  • AIPHONE COMMUNICATIONS(VIETNAM)CO.,LTD(ベトナム
  • AIPHONE S.A.S.(フランス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 有価証券報告書-第58期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)”. EDINET. 2016年11月22日閲覧。
  2. ^ 商標登録番号・第460472号(社名)、第2382806号(ロゴ)
  3. ^ 本間之英 2003, p. 9.
  4. ^ 登録番号・第5147866号ほか
  5. ^ 山田俊浩 (2012年7月2日). “アイフォーンの商標使用料は年間1億円?” (日本語). 東洋経済オンライン. 2015年5月12日閲覧。
  6. ^ 本社移転に関するお知らせ - アイホン・IRリリース(2015年2月20日)
  7. ^ 自社で文言(登録番号・第5576329号)および、サウンドロゴ(第5922193号)で商標登録している。
  8. ^ 米国登録番号・第3912599号

参考文献[編集]

  • 本間之英 『誰かに教えたくなる社名の由来 Part-2』 講談社、2003年10月10日(日本語)。ISBN 4-06-211466-6

外部リンク[編集]