みくに龍翔館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg みくに龍翔館
MIKUNI MUSEAM RYUSHOKAN
Mikuni-ryushokan01b3200.jpg
施設情報
正式名称 坂井市みくに龍翔館[1]
前身 みくに龍翔館(三国町郷土資料館)
事業主体 坂井市
管理運営 坂井市教育委員会
建物設計 株式会社品川建築事務所、株式会社神谷建築事務所
延床面積 3956.38m2
開館 1981年
所在地 913-0048
福井県坂井市三国町緑ヶ丘四丁目2-1
位置 北緯36度13分11.83秒 東経136度9分4.66秒 / 北緯36.2199528度 東経136.1512944度 / 36.2199528; 136.1512944座標: 北緯36度13分11.83秒 東経136度9分4.66秒 / 北緯36.2199528度 東経136.1512944度 / 36.2199528; 136.1512944
外部リンク http://www.ryusyokan.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

みくに龍翔館(みくにりゅうしょうかん、MIKUNI MUSEAM RYUSHOKAN)は、福井県坂井市三国町にある坂井市立の総合博物館港町である三国の自然と歴史風土および文化遺産を紹介する施設として、1981年(昭和56年)11月1日に開館した。外観はG.A.エッセルが1879年(明治12年)に設計したとされる龍翔小学校を模している。

歴史[編集]

龍翔小学校の歴史[編集]

1876年(明治9年)にはオランダ人土木技師のG.A.エッセルだまし絵版画家であるマウリッツ・エッシャー の父)が坂井港(現・三国港)の改修調査のためにこの地を訪れ、同じくオランダ人のヨハネス・デ・レーケの下で三国港突堤(通称として「エッセル堤」)の工事に着手した[2]。1876年の三国では修斎小学校・鶴鳴小学校・就将小学校を統合して新しい小学校を建設することとなり、1879年(明治12年)5月には木造5階建ての擬洋風建築である龍翔小学校が竣工した[2]。龍翔小学校を設計したのがG.A.エッセルであるとされる[2]

龍翔小学校の1階から3階までは吹き抜けとなっており、4階にはオランダから輸入したステンドグラスが明かり窓に取り入れられた[2]。5階は望楼であり、高台にあるため四方を見渡すことができた[2]。奇抜なデザインが評判となり、1878年(明治11年)に明治天皇が北陸巡幸を行った際には、政府高官の井上馨が建設工事の視察に訪れている[2]。龍翔小学校は三国町のシンボル的存在であり、「こうもりがさ小学校」として町民に親しまれた[3]。しかし、風雨にさらされたことで建物の傷みがひどく、1914年(大正3年)には取り壊された[2]

みくに龍翔館[編集]

1973年(昭和48年)10月に文化遺産施設準備委員会を発足させた三国町は、文化遺産の保護を目的として郷土資料館を建設することとし、外観は龍翔小学校を忠実に復元することとした[3]。1979年(昭和54年)12月11日に着工され、1981年(昭和56年)9月に竣工[3]。10月29日に落成式および開館記念式を挙行し、11月1日に一般公開を開始した[3]。落成式および開館記念式には、G.A.エッセルの孫にあたるジョージ・A・エッシャー夫妻、駐日オランダ大使夫妻、中川平太夫福井県知事、高見順の妻などが列席している[3]。初代館長は福井県立三国高等学校で教頭を務めた林三郎[3]

特色[編集]

建物は近代の木造西洋館を思わせる設計である。緑ヶ丘の高台に位置しており、本館4階の展望室からは、三国湊や三国市街地、白山を一望できる。

館内では北前船の大型模型や三国祭で使われた山車、武者人形、龍翔小学校とエッセルに関する資料等を展示し、三国と三国湊の歴史文化を紹介する。

三国港一帯はみなとオアシスに登録されており、当館は「みなとオアシス三国湊」の構成施設の一でもある。

フロア構成[編集]

本館(左)と別館(右)
玄関
  • 本館1階
  • 本館2階
    • 「三国湊の変遷」コーナー - 三国湊の歴史に関する資料、美術資料展示
    • 「三国湊のにぎわい」コーナー - 北前船に関する資料を展示
  • 本館3階
    • 「三国と近代文学」コーナー - 高見順三好達治森田愛子ら三国所縁の文学者を紹介する。「龍翔小学校とエッセル」、「内嶋コレクション」など
    • 「三国のくらし」コーナー - 近代の三国の生活文化をジオラマで紹介
  • 本館4階
    • 展望室(トリックアート・ワールド) - エッセルの息子エッシャーに因んだトリックアートの「みくにトリックアートコンペ」入賞作品の展示
  • 本館地階
    • 機械室、資料収蔵庫3室、資料整理室など
  • 別館
    • 特別展示室 - 企画展会場
    • 三国祭の山車(明治時代の復元[5])を展示

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 - 水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始

建築概要[編集]

  • 設計 - 株式会社品川建築事務所・株式会社神谷建築事務所
  • 施工 - 戸田建設村中建設共同企業体
  • 竣工 - 1981年(昭和56年)
  • 構造 - 鉄骨鉄筋コンクリート造
  • 規模 - 本館:地下1階、地上3階、塔屋2階、最高部38.2メートル 、別館:平屋建
  • 敷地面積 - 8805.09m2
  • 建築面積 - 1294.00m2
  • 延床面積 - 3956.38m2
  • 所在地 - 〒913-0048 福井県坂井市三国町緑ヶ丘4-2-1

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 坂井市みくに龍翔館条例
  2. ^ a b c d e f g 松原信之『福井県の不思議事典』新人物往来社、2000年、pp.212-213
  3. ^ a b c d e f 『三国町百年史』三国町、1989年、pp.91-93
  4. ^ 福井県の文化財「袈裟襷文銅鐸」”. 福井県. 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ みくに龍翔館のパンフレットより

外部リンク[編集]