まったり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まったりとは日本語副詞である。近畿方言で主に味覚を表す擬態語として用いられたが、1990年代からのんびりと落ち着いた様子・気分を表す言葉として全国的に用いられるようになった。

本来の「まったり」[編集]

「まったり」は元々、柔らかさのなかにコクがある様子、重みがあって奥行きのある様子をいう言葉で、主に味覚に対して用いられた(口当たりまろやかで、とろんと口中に広がっていく様子)。『上方語源辞典』では、語源は「またい(全い)」の語幹に状態を表す接尾語「り」が付いて促音化したもので、「あさ(浅)+り=あっさり」「さは(爽)+り=さっぱり」「こて+り=こってり」と同類、成立は天保頃、としている。

『日本方言辞典』[1]では「まったり」について次の三つの語義を示している。2は長野県下伊那郡方言として収録されているが、1と3はともに近畿地方の方言として収録されている。すなわち、のんびりと落ち着いた様子・気分を表す「まったり」は全くの新用法であって近畿方言としては間違いである、とは言い切れないことが分かる。

  1. ゆったりしたさま。緩慢なさま。
  2. 生気のない目で一点を見詰めているさま。ぼんやり。
  3. 食物の、辛過ぎたりしない穏やかな味のさま。

「まったり」の展開[編集]

「まったり」という言葉はグルメの世界では定着していたものの、近畿地方以外では一般的な表現ではなかった。しかし、1983年に連載を開始した漫画『美味しんぼ』の中でこの言葉が登場すると、耳慣れない響きのためか評判となり、味覚を表す言葉として「まったり」が全国一般に認知されるようになる。(ただし劇中でこの単語が登場するのはほんの1、2回である。)

1998年に放送を開始したNHKテレビアニメおじゃる丸」で気分や態度を表す表現として用いられた。これが日本全国で一気に流行し、まもなく定着した。「おじゃる丸」の劇中では、平安時代を模した世界から現代にやってきた主人公おじゃる丸が、平安貴族のものらしいゆっくりとした時の感覚に現代の人々を付き合わせる際によく「まったり」が使われ、「時を忘れてのんびりする」という意味が強調されている。時間や流行に追われ忙しく生きるばかりではなく、完全な休息をとることの重要さを提唱しており、スローライフ癒し系ブームのはしりとも言える。

もっとも、本アニメのオープニング曲として10年間放送された「詠人」(歌:北島三郎)と言う曲中のサビ部分で「まったり」という言葉を、ゆったりと、まさにまったり調子で連呼されていた影響も大きい。

インターネット[編集]

ネットスラングとしての「まったり」は、炎上荒らしが起きやすい背景において、そのようなことが起こらないよう各人が条件反射的な書き込みや挑発を行わない穏やかさを心がけることを指す。ちょうどインターネットが一般に広がり始めた時期と「まったり」が流行した時期が重なったこともあり、新しいユーザーと既存のユーザー間の緊張をほぐす合言葉として、あやしいわーるど2ちゃんねるでは「まったり(マターリ)」が頻繁に使われた。

脚注[編集]

  1. ^ p2270

参考文献[編集]

外部リンク[編集]