交際クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交際クラブ(こうさいくらぶ)は、男性と女性のデート(主に食事やお茶)をセッティングし、その対価としてセッティング料を受け取る形態の業態。デートクラブとも呼ばれる。多くの場合、大人の交際に関して積極的かどうかを女性自身の自由意志で選択できる様になっている。デート(食事やお茶)の対価として男性から女性に対して「交通費」の名目である程度の金銭を渡す。クラブ側は男性会員・女性会員の金銭の授受や、お食事デート後の性行為に関しては「会員同士の自由意思」というスタンスをとることで「管理売春」となることを避けている。しかし、多くの場合、性行為などを行う売春行為前提で利用する男女もおり、そういった意味では非常にグレーに近い業種と言える。

日本の法律[編集]

法律による規制、定義はないが東京都条例によってその活動に規定が定められている。 「東京都デートクラブ営業等の規制に関する条例」(俗に「デートクラブ条例」ともよばれる) 東京都以外での条例は存在していないものの、これらの都市の交際クラブ(多くは大阪、福岡、名古屋などの大都市圏に存在する)の場合であっても、管理売春の摘発を未然に防ぐために本条例に準じた運営がほとんどの場合なされている。 [1]


交際クラブのシステム[編集]

概要でも述べたとおり交際クラブは、男性会員から「セッティング料」を徴収することで、クラブが擁している女性会員を紹介する。 男性会員は基本的にセッティング料をはじめとして、入会費、年会費をクラブ側に支払わなければいけない上に、入会時に身分証や年収を確認されるため、会員の層が経営者・医者・弁護士といった高所得層に限られる。
その一方で、女性会員は面談でクラブの入会基準を満たしていると判断されれば基本的に無料で会員登録ができ、男性会員からのセッティング依頼を待ち、デートを楽しむことが出来る。

交際クラブが男性会員と女性会員の間を取り持つのは基本的に初回のセッティングまでで、そこからは一切会員の関係に立ち入ることはない。
したがって、男性会員が、交際クラブから紹介された女性ともう一度デートをしたいという場合は、初回の段階で連絡先を交換し、自由恋愛として女性会員とやりとりをすることが通例である。
また、交際クラブの通例として、男性会員はクラブへのセッティング料とは別に、女性会員に対しても交通費等の名目で一定金額を渡す必要がある。[2]


店舗型との違い[編集]

交際クラブは、男性、女性にかかわらず、会員を事務所に招き入れて面接をしたり撮影をする機会はない。 これは、無店舗型の紹介所として認可を受けている交際クラブの事務所が“店舗”として認識されてしまう事を防ぐためである。

店舗型の出会い紹介所の代表例として出会い喫茶、出会いカフェ[注釈 1]、お見合いパブがあるが、これらは、現在風営法により新規の出店はほぼ不可能な既得権益となっているため、事務所が店舗とみなされ風営法に抵触する場合がある。 そのため、会員登録のための面談や、写真撮影は外部の飲食店や撮影スタジオで行われることが多い。

日本の主な交際クラブ[編集]

六本木Moments~モーメンツ~(東京都営業届1337号)

ユニバース倶楽部 札幌・仙台・大宮・横浜・東京・インターナショナル・名古屋・大阪・京都・福岡(東京都営業届 1292号)
ニューウェーブ渋谷、横浜(届出番号 渋谷店:104-1)
六本木ルーティン(受理番号13・保安収第5113号 )

・【私のあしながおじさん】~業界初のラブレター機能~(東京都デートクラブ条例所轄警察受理番号1188号)

[注釈 2]

・エスポワール広尾(東京都営業届1341号)

注釈[編集]

  1. ^ 出会いカフェは、別名称だがサービス内容は出会い喫茶に等しい
  2. ^ HPに営業届出番号の明記してあるクラブのみ掲載

出典[編集]

  1. ^ 参考資料  いずれも東京都青少年治安対策本部サイトより抜粋
  2. ^ 日本初の交際クラブ専用ポータルサイト、VIPデートクラブより抜粋