ひっぱりうどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2016年11月

ひっぱりうどんは、山形県内陸部の郷土料理

概要[編集]

山形県内陸部、特に村山地方におけるうどんの食べ方の一つ[1][2]茹で上がったうどん(主に乾麺を用いる)をからすくい上げて、そのまま納豆サバなどで作ったタレで食べる(かける・つける・絡める)スタイルのうどんである。

「ひっぱる」の意味は、釜からうどんを引っ張るから[1][2]、納豆の糸をひくからなど諸説ある。他の名称として「ひきずりうどん」「ひっぱりあげうどん」「つっぱりうどん」などがある。

家庭によってはうどんを素麺に置き換えて「ひっぱりそうめん」として食するケースもある[3]

発祥は村山市戸沢地域、広域では村山市西部が挙げられている[1]。冬が厳しい山形県内陸部では、非常時に備え保存食として乾麺缶詰などを家庭で常備しており、農家の多くは自家製の納豆を作っていた。戸沢地域の山間部において、炭焼きは山ごもりを行い、食事は持ち寄った乾麺のうどんと納豆を使い、茹でたうどんを鍋からひっぱり出し、納豆などが入ったタレに直接からめて食べていた[1]。これは手間が少なく味も良いことから、家庭の食事としても取り入れられたことによって、次第に広まっていったと伝えられている[1]

当初は納豆にネギなどで食べられておりサバ缶は一般に使われていなかった。1961年西村山にマルハニチロ系列のさくらんぼや桃などの缶詰加工を主目的とした工場ができた。これを起点に同社のサバ缶が地域に大きく普及するに至り、またひっぱりうどんに用られるようになったと言われている。

2000年代後半以降、山形県の郷土料理のひとつとしてマスコミに複数回取り上げられている[4][5]2009年8月25日放送「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)の、山形県民が選んだご当地グルメ人気では第11位であった[6]。山形ではメニューとして扱う店[7]や、専用の乾麺[8]が存在する。

2010年代以降、うどん関連のイベントに出品[9]したり、ひっぱりうどんをメインとしたイベントが開催[5][10]されている。

レシピ(一例)[編集]

このレシピは一例であるため地方や各家庭によって細部が異なるケースもある。

材料[編集]

    • うどん - 適量
      • 好みによって前述のそうめんなど他の麺も可能。

作り方[編集]

  1. うどんなどの麺を茹でる。好みにより固茹でにするのもよい(湯につかる時間が長くなる為)。
  2. たれの材料を適度な大きさに切りそろえ、混ぜ合わせて調味料で味付けする。
  3. 茹で上がった麺を鍋からすくい上げ、2.をかける・つける・絡める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 山形県村山市 ひっぱりうどん研究所 - 地域所縁の食文化「ひっぱりうどん」[リンク切れ] - 山形県村山市
  2. ^ a b (8完)ひっぱりうどん(山形)/家族みんなで鍋つつく[リンク切れ] - 河北新報 2010年1月15日
  3. ^ テーマ:山形[リンク切れ] - TBS系列はなまるマーケット』「とくまる」コーナー 2007年8月13日放送
  4. ^ テレビで取り上げられた例
    2009年
    2010年
    2011年
    など
  5. ^ a b c 古里の味「ひっぱりうどん」に舌鼓 寒河江でまつり Archived 2012年1月26日, at the Wayback Machine. - 山形新聞 2012年1月23日
  6. ^ 2009年8月25日放送「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)「ご当地グルメのココ1当てまSHOW」
  7. ^ 2008年3月15日放送「土曜スペシャル」(テレビ東京)感動!至福の旅朝ごはんの美味しい宿 / お問い合わせ
    2010年2月10日放送「いい旅・夢気分」(テレビ東京)にっぽんの冬…雪の絶景と郷土の味 特選3コース
  8. ^ a b ひっぱりうどん 鯖缶・納豆のコラボうどん - All About 2010年1月15日
  9. ^ a b うどん博覧会「うどん・春の陣」開催! (PDF) - ナムコナンジャタウンニュース 2010年3月4日
  10. ^ 第3回「名物・寒河江ひっぱりうどんまつり」 (PDF) - 山形県寒河江市商工振興課

関連項目[編集]

外部リンク[編集]