ねじの回転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ねじの回転』(ねじのかいてん、The Turn of the Screw)は、ヘンリー・ジェイムズ中編小説1898年発表。怪談の形式をとっているが、テーマは異常状況下における登場人物たちの心理的な駆け引きであり、心理小説の名作として知られている。

内容[編集]

ある屋敷に宿泊した人々が、百物語のように一人ずつ怪談を語る。題名の「ねじの回転」はその中の「一ひねり利かせた話が聞きたい」という台詞からとられている。「幽霊話に子どもが登場することで話のねじにひとひねり加える後悔があるというなら、子どもが二人になれば?」「二ひねりになるじゃないか!」。

そのうちの一人が、かつて自分の家庭教師だった女性からの手紙に書かれた体験談を読み始める。彼女はある人から彼の所有する屋敷での住み込み家庭教師(ガヴァネス[1]を頼まれる。所有者の甥と姪、それに家政婦と召使しかいないはずの屋敷で、彼女は着任間もなく正体不明の男を見かける。それは世にも恐ろしい体験の始まりであった。

10歳のマイルズは何か事件を起こして退学になっている。妹のフローラは8歳[2]。出てくるのは前任のガヴァネスのジェスル先生と下男のクイントらしい。二人の霊から子どもたちを守らなければならない。「私」はマイルズを強く抱きしめ、1分ほどすぎると彼の心臓は止まっていた[3]

本作に基づく作品[編集]

映画オペラバレエ等多数の作品がある。

脚注[編集]

  1. ^ 川本静子は「幽霊を見たガヴァネス」(『ガヴァネス(女家庭教師) ヴィクトリア時代の〈余った女〉たち』中公新書 1994 のちみすず書房)で当時の<余った女>たちの心理を考察している。
  2. ^ 映画『妖精たちの森』では年齢は上で姉弟となっている。
  3. ^ どうして殺したのかについてはエドマンド・ウィルソンの評論“The ambiguity of Henry James”[1]が有名。
  4. ^ 冒頭で「柳よ、私のために泣いてくれ」(Willow Weep for Me)が流れる。川本三郎『サスペンス映画ここにあり』平凡社 2015年pp.435-444)が詳しい。
  5. ^ 両親の事故死を知らされていない金持ちの姉弟がひっそりと暮らしている。ガヴァネスのジェスル先生は下男のクイントに陵辱されるが、体は惹かれていく。その様子を見たマイルズは姉に似たような行為をする。家政婦のグロースは子どもへの悪影響を考えて二人を解雇する。フローラたちは二人を別れさせたくないと思い、ジェスルに池のむこうの小屋でクイントが待っていると教えるが、ボートには穴が空いていた。ジェスルの遺体を見つけたクイントは酒を煽る。その頭にマイルズの矢が突き刺さり、「すぐにジョスル先生と会えるからね」。新しいガヴァネスがやってくる。