えぼし号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茅ケ崎市立病院ですれ違う「えぼし号」(左:中海岸線/右:北部線)

えぼし号は、神奈川県茅ヶ崎市2002年(平成14年)5月25日から神奈川中央交通茅ヶ崎営業所)に委託して運行しているコミュニティバスの愛称。

ルート[編集]

中海岸南湖循環市立病院線[編集]

  • 市立病院茅ヶ崎駅南口→中海岸2丁目→サザンビーチ入口→南湖6丁目→茅ヶ崎駅南口→市立病院

北部循環市立病院線[編集]

  • 北部コース : 市立病院→香川駅→里山公園→小出小学校西→堤坂下→香川駅→市立病院
  • 新芹沢コース : 市立病院→香川駅→里山公園→茅ヶ崎市斎場→小出小学校西→香川駅→市立病院

東部循環市立病院線[編集]

  • 松が丘コース : 市立病院→茅ヶ崎駅南口→若松町→菱沼海岸南→茅ヶ崎ゴルフ倶楽部前→浜須賀小学校入口→松が丘二丁目北→市立病院
  • 小和田・松浪コース : 市立病院→松林二丁目→小和田交番前→伍仁原→伍仁原踏切→辻堂駅西口→伍仁原踏切→緑が浜小学校前→常盤町→伍仁原踏切→辻堂駅西口→伍仁原踏切→伍仁原→小和田交番前→松林二丁目→市立病院

鶴嶺循環市立病院線[編集]

  • 鶴嶺北コース : 市立病院→北茅ヶ崎駅入口→茅ヶ崎駅北→ジャスコ東→円蔵→県立茅ヶ崎養護学校→十二天神社入口→徳洲会老人保健施設浜之郷前→円蔵下町→ジャスコ東→茅ヶ崎駅北→北茅ヶ崎駅入口→市立病院
  • 鶴嶺南コース : 市立病院 - 北茅ヶ崎駅入口 - 茅ヶ崎駅北 - ジャスコ前 - 浜之郷入口 - TBS - 鶴嶺小学校前 - 宮ノ前 - 古川 - 萩園台河原 - 温水プール(往復)

車両[編集]

2017年3月現在

日野ポンチョ(2代目)を使用して運行されている。

北部循環用であったポンチョ(初代)は2015年3月まで3台のうち2台が廃車、残り1台の予備車も2017年3月に廃車となり、これに伴い予備車を含めると(2代目)日野・ポンチョに統一された。

点検整備などの場合、代車として神奈川中央交通茅ヶ崎営業所の「ち200」号車(日野・ポンチョ[1])が運行される。日野・リエッセは2016年3月に廃車。

運行開始当初の車両であるオムニノーバ・マルチライダーは2011年に運用を離脱しているが、そのうち1台は2012年3月21日から市内の茅ヶ崎公園に遊具として展示されることになった[2]

運賃・乗り継ぎ[編集]

運賃[編集]

中海岸南湖循環は大人150円・子供80円、それ以外は大人200円・子供100円。ただし、東部循環松が丘コースで中海岸南湖循環と重複する区間は大人150円・子供80円となる。(未就学児童は3人目から有料)

40円券・50円券が22枚綴りとなった専用回数券と、500円の一日乗車券が発売されている。

PASMOバス共通カードは使用できない。

乗り継ぎ[編集]

えぼし号では、以下の停留所で乗り継ぎが可能である。乗り継ぎの際は、運転士から乗継券(当日のみ有効)を受け取り、乗り継いだバスの運賃箱に投入する。

  • 茅ヶ崎駅南口
    • 但し、中海岸南湖循環線の南湖方面から中海岸方面への乗り継ぎに限る。
  • 市立病院
    • 各路線線相互に乗り継ぎが可能。
    • 但し、中海岸南湖循環線からの乗り継ぎの場合は大人50円・子供20円を乗継券と一緒に支払う。

計画中の路線[編集]

現在運行されている路線は、2005年(平成17年)に「茅ヶ崎市乗合交通整備計画」において策定された、支線バス8路線のうちの4路線である。

残る4路線のうち、柳島循環市立病院線・西久保寒川循環線・中心部循環線においては、2014年4月現在も運行開始の目処は立っていない。 北部循環線(デマンド運行)については、2013年12月21日より予約型乗合バスとして運行を開始した。

利用状況[編集]

2012年(平成24年)3月末現在、全路線を合わせ延べ約256万人が利用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2016年3月に舞岡営業所から転属したものである。
  2. ^ “3月21日 コミュニティバス展示お披露目式を開催!” (日本語) (プレスリリース), 茅ヶ崎市, (2012年3月28日), http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/himekuri/25711/025974.html 2012年6月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]