SN 1604

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケプラーの超新星の残骸
「新星」の位置を「N」で示して(上から8つ目、左から4つ目のマス)描かれたヨハネス・ケプラー自身の手になる絵画

SN 1604すなわち超新星1604ケプラーの超新星[1]あるいはケプラーの星[2]とも呼ばれる)は、へびつかい座に現れた銀河系内の超新星である。SN1604は、地球から6キロパーセクすなわち約20,000光年以内で起こり、2008年現在、我々自身の銀河内で疑問の余地なく観測された最後の超新星である。18か月にわたって肉眼で見ることができ、絶頂期には、みかけの等級が−2.5等で、夜空で他のどの恒星より、また金星を除く他のすべての惑星より明るかった。この超新星は、Ia型[3]のものであった。

SN 1604は、1604年10月9日に初めて観測された[4] 。ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーは、10月17日に初めてこの超新星を見つけた。ケプラーが、この超新星を詳しく研究したので、この超新星はその後彼にちなんで呼ばれた。この主題についての彼の本は、『De Stella nova in pede Serpentarii』(へびつかいの足の新星について)と題された。

SN 1604は、(ティコ・ブラーエによってカシオペヤ座に認められたSN 1572に続き)1世代の間に観測された2つ目の超新星であった。我々の銀河系の外では他に多くの超新星が見られたが、SN 1604以来、銀河系内で確実に超新星として観測されたものはない。ただし、超新星の発生率から、これ以降に10回前後の観測されなかった超新星があったと推測されている。その1つは1870年頃に起こり、G1.9+0.3超新星残骸のみがのちに発見されている。

SN 1604を原因とする超新星残骸は、その種の天体の中で「原始的な」ものの一つと考えられており、今も天文学で多くの研究がなされている天体である。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ ケプラーの超新星SN 1604ナショナルジオグラフィック ニュース
  2. ^ 『星百科大事典 改訂版』地人書館 R.バーナムJr.著。1137P。ISBN 4-8052-0266-1
  3. ^ Chandra X-Ray Observatory”. Kepler's Supernova Remnant: A Star's Death Comes to Life. 2006年1月16日閲覧。
  4. ^ Bill Blair's Kepler's Supernova Remnant Page Accessed September 20, 2006

外部リンク[編集]