ガム星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガム星雲
観測データ: J2000.0 元期
タイプ 超新星残骸
星座 ほ座
赤経 07h 43m
赤緯 -42° 10m
角直径 (V) 約41°
特徴
半径 ??
絶対等級 (V) ???
関連記事: 星雲
テンプレートを表示
天の川銀河におけるガム星雲の位置(右側中央) Credit : NASA/DOE/International LAT Team.

ガム星雲(がむせいうん、Gum Nebula、Gum 12)とは、ほ座からとも座にかけて41[1]にも亘って広がる超新星残骸太陽系からおよそ1,300光年に位置する。暗く識別することが困難な星雲で、約100万年前に起こった超新星爆発の残骸が大きく拡散したものであり、また今も拡散していると考えられている。 ほ座パルサーに加えて、より小さくより若いほ座超新星残骸が手前にある。

「ガム星雲」の名は、この星雲を研究したオーストラリアの天文学者コリン・スタンリー・ガムColin Stanley Gum )にちなむ。ガムは、彼が発見した天体をA study of diffuse southern H-alpha nebulaeというカタログとして1955年に発行しており、それは今日ではガムカタログの名で知られる。

暗さと位置の関係もあり、日本からの観測は困難。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ APOD: 2009 August 22 - The Gum Nebula” (2009年8月22日). 2013年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]