Cawaii!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Cawaii!(カワイイ!)とは主婦の友社がかつて発行していたギャル系ファッション雑誌

概要[編集]

1996年3月創刊。雑誌名の由来は「可愛い」。読者層は女子高生~20歳。コンセプトは「ギャル系女子高生」みんなで作る雑誌。多くのモデルがいる。

毎年2月号の表紙は、その年に成人式を迎えるCawaii! Girlsの振袖姿である。例えば2005年大石理紗土岐田麗子2006年斉川あい青木亜希陸守絵麻。なお、この5人はその号で卒業。

2004年5月にタイ語版が創刊。日本雑誌のタイ語版は本誌が初となった。創刊当初は30%がタイでの独自記事、残り70%を翻訳が占めていたが、年々独自記事の割合を増やしている[1][2]。尚、海外版は中国及び台湾でも発売されている[3]

2009年5月1日発売の同年6月号で休刊。部数が伸び悩み、今回市場の拡大は困難だと判断したためという[4][5]。なお、携帯電話での公式サイトは雑誌の休刊後も更新を続けていた。

モデル[編集]

女子高生の頃・卒業後のショップスタッフの頃を通じ読者モデルとして活動。とりわけショップスタッフの頃は「カリスマ販売員」として毎号のように特集が組まれる。S Cawaii!創刊号(2000年11月号)の表紙に掲載されると共にレギュラーモデルとして毎号のようにファッションページにも登場
  • 櫻井絵理 - 後に「ERI」の名で「deeps」の一員となりCDデビュー
  • 菅原禄弥 - 2001年2月号まで
1999年女優活動を開始後、Rayのレギュラーモデルとして活動。現在は S Cawaii! レギュラーモデル

コミックCawaii![編集]

本誌休刊から約10か月後の2010年3月3日から配信開始されたウェブコミック配信サイトであり、オリジナルの漫画小説エッセイなどを無料で配信している。「かわいい」をテーマにした読み物を配信しており、雑誌時代とは全く異なる形ではあるが編集部の理念としては一致しているようである。なお画像ファイルフォーマットで配信されているため、専用のビューワなどをインストールする必要はない。2013年1月8日に更新休止を発表。[6]コンテンツは2013年1月現在閲覧可能。

関連項目[編集]

姉妹誌
ライバル誌
音楽ゲーム
本誌とのコラボレーションによりcawaii専属モデルの2人の歌唱による楽曲が収録され、連載コーナー「SaiGO!3」の登場キャラクターであるチェリリー&スージーが楽曲の担当キャラとしてゲスト出演した[7](AC15~AC17まで収録。現在は楽曲、キャラクター共に削除されている)。

脚注[編集]

  1. ^ タイ初! 日本雑誌のタイ語版”. バンコク週報. 2009年6月2日閲覧。
  2. ^ ファッション誌「Ray」タイ語版が8月25日創刊”. バンコク週報. 2009年6月2日閲覧。
  3. ^ 「澁谷發」の情報がアジアの若者を魅了する”. シブヤ経済新聞. 2009年6月2日閲覧。
  4. ^ ギャルブーム火付け役の雑誌『Cawaii!』が休刊”. ORICONSTYLE. 2009年2月13日閲覧。
  5. ^ ギャル系雑誌「カワイイ!」休刊へ”. 産経ニュース. 2009年2月13日閲覧。
  6. ^ http://cawaii.shufunotomo.co.jp/?p=2368
  7. ^ pop'n music 15 ADVENTURE / ハワイアンパンク

外部リンク[編集]