B&H航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B&H航空
B&H Airlines
IATA
JA
ICAO
BON
コールサイン
BH AIRLINES
設立日 1994年
ハブ空港 サラエヴォ国際空港
焦点空港 バニャ・ルカ空港
保有機材数 4機
就航地 11都市
親会社 ボスニア・ヘルツェゴビナ政府
本拠地 ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォ
代表者 Nudžeim Rečica

B&H航空(ビーアンドエイチこうくう、B&H Airlines)はボスニア・ヘルツェゴビナ航空会社サラエヴォサラエヴォ国際空港を中心に国内外に定期便やチャーター便を飛ばす同国のフラッグ・キャリアである。

歴史[編集]

B&H航空は1994年にエア・ボスニアとして設立されたが、2003年に増加する負債の返済が出来ずに経営破綻を起こしすべての運航を休止するという事態に陥った。しかし2004年には内閣がエア・ボスニアの再建を決定し、2005年6月にはB&H航空と改称し2機のATR 72型機で運航を再開した。現在はボスニア・ヘルツェゴビナ政府(51%)とEnergoinvest(49%)が共同で会社を保有している。ただ現在ボスニア・ヘルツェゴビナ政府は会社の売却先を探しており、トルコ航空クロアチア航空が交渉に入ったと伝えられている。

現在B&H航空は第二のハブ空港であるバニャ・ルカ空港の発着便を増便させることを検討しているが、これは航空機の保有機材数を増やす以外に方法がない状態となっていた。しかしモスタル線は期待していた数の乗客が確保できなかったために減便されており、週3便運航されクロアチア航空とのコードシェアを行っていたサラエヴォ-モスタル-ザグレブ線は一時運休している。これによりサラエヴォザグレブ線が週14便から週18便に増便されたほか、ベオグラード線も週7便から週8便に増やされた。

なおB&H航空では現在使用されている機材では到達できない遠くの目的地に就航するためにより航続距離の長い機材を導入するべきであるとも提唱されている。特にスカンディナビア諸国にはボスニア紛争から逃れた難民が多く暮らしているものの、現在使用しているATR 72型機では北欧まで飛行することができない。そのためB&H航空は北欧やアメリカ合衆国本土なども視野にいれ航続距離の長い中型機の購入を検討している。

就航都市[編集]

B&H航空ATR 72型機

また2008年度にはトルコイスタンブルアンタルヤボドルムにチャーター便を飛ばしている。

保有機材[編集]

業績[編集]

  • 旅客
2005 2006 2007 2008
24,906 59,792 68,222
  • 収入
2005 2006 2007 2008
11,743,457 兌換マルク 19,623,342 兌換マルク 24,183,951 兌換マルク

※1兌換マルクは約82円。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]