A・J・ジェンキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A・J・ジェンキンス

A. J. Jenkins
カンザスシティ・チーフス No. 15

A.J. Jenkins.JPG
ワイドレシーバー
生年月日:1989年9月8日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:190 lb =約86.2kg
NFLデビュー
2012年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学イリノイ大学
NFLドラフト2012年 / 1巡目(全体の30番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
レシーブ回数     8回
レシーブ獲得ヤード     130ヤード
TDレシーブ     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

A・J・ジェンキンス(A. J. Jenkins 1989年9月8日- )はフロリダ州ジャクソンビル出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLカンザスシティ・チーフスに所属している。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

イリノイ大学で、2008年から2010年までの3シーズンで、レシーブで1,156ヤード、リターンで694ヤードを稼いだ[1]

2009年、試合中、サイドラインでステイショナリーバイク英語版に乗って、アンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られた[2]

2011年10月1日、ノースウェスタン大学戦で12回のキャッチで268ヤードを獲得、3TDの活躍を見せた[2]。レシーブでの268ヤード獲得は大学記録であり、ビッグ・テン・カンファレンス史上でも歴代4位の記録であった[3]。この年90レシーブで、1,276ヤード、8TDをあげて、カンファレンスのファーストチームに選ばれた[4]

NFLスカウトコンバインでは、40ヤード走で4秒39を出した[5]

2012年のNFLドラフト1巡全体30位でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名された。セントルイス・ラムズが2巡全体33位で彼を指名する可能性があることから、ナイナーズが1巡で指名したと考えられたが、この指名には疑問の声があがった[6][7]。6月12日、13日のミニキャンプでは精彩を欠いた[8]。6月20日、4年契約を結んだ[9]

カイル・ウィリアムズ[10]マリオ・マニンガムが負傷しシーズン絶望となった[11]後の終盤3試合にのみ出場、わずか37回のスナップでのみプレー、パスターゲットとなることわずか1回で、レシーブできず、レシーブ0回でシーズンを終えた[12]

2013年8月19日、2011年のドラフト1巡でカンザスシティ・チーフスに入団したWRジョン・ボールドウィンとトレードされ、前年までナイナーズに所属したアレックス・スミスと再びチームメートとなった[13]。9月19日のフィラデルフィア・イーグルス戦で初キャッチをあげた[14]。これは彼がドラフトされてから511日目のことであった[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ College Football at Sports-Reference.com”. sports-reference.com. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ a b Herb Gould (2011年10月4日). “Illini’s A.J. Jenkins lets his game do the talking”. シカゴ・サンタイムズ. 2013年1月2日閲覧。
  3. ^ Illinois WR Jenkins earns Big Ten honor”. ESPN (2011年10月3日). 2013年1月2日閲覧。
  4. ^ Profile”. イリノイ大学. 2013年1月2日閲覧。
  5. ^ Combine Player Profiles”. nfl.com (2012年). 2013年1月2日閲覧。
  6. ^ 49ersNFLドラフト2012 ドラフト通信簿”. NFL JAPAN. 2013年1月2日閲覧。
  7. ^ ドラフト1巡指名の負け組は?”. NFL JAPAN (2012年4月28日). 2013年1月2日閲覧。
  8. ^ 49ersのドラ1WRが大苦戦、「最大の期待外れ」の声も”. NFL JAPAN (2012年6月17日). 2013年1月2日閲覧。
  9. ^ 49ers、ドラ1WRジェンキンスと4年契約”. NFL JAPAN (2012年6月21日). 2013年1月2日閲覧。
  10. ^ 49ersのWRウィリアムスがACL断裂で今季絶望に”. NFL JAPAN (2012年11月27日). 2013年1月2日閲覧。
  11. ^ 優勝目指す49ers、TEデービス出場は不透明”. NFL JAPAN (2012年12月27日). 2013年1月2日閲覧。
  12. ^ Eric Branch (2013年1月1日). “49ers hoping for first contribution from first-round pick”. blog.sfgate.com. 2013年3月17日閲覧。
  13. ^ Tom Pelissero (2013年8月19日). “49ers deal WR A.J. Jenkins to Chiefs for WR Jon Baldwin”. USAトゥデイ. 2013年9月16日閲覧。
  14. ^ A.J. Jenkins finally makes an NFL catch”. NBCスポーツ (2013年8月20日). 2013年11月15日閲覧。
  15. ^ Mike Florio (2013年9月20日). “A.J. Jenkins notches first NFL catch”. NBCスポーツ. 2013年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
アルドン・スミス
サンフランシスコ・
フォーティナイナーズ
ドラフト1巡指名
2012年
次代:
エリック・リード