ハリソン・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリソン・スミス

Harrison Smith
ミネソタ・バイキングス No. 22

Harrison Smith of Vikings in 2012.jpg
フリーセイフティ
生年月日:1989年2月2日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州オーガスタ
身長:6' 2" =約188cm 体重:214 lb =約97.1kg
NFLデビュー
2012年ミネソタ・バイキングス
経歴
大学ノートルダム大学
NFLドラフト2012年 / 1巡目(全体の29番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     103回
サック     1回
ファンブルフォース     1回
インターセプト     3回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ハリソン・スミス(Harrison Smith 1989年2月2日- )はジョージア州オーガスタ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLミネソタ・バイキングスに所属している。ポジションはフリーセイフティ

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

テネシー州ノックスビルの高校3年時にはオフェンスで、1,340ヤードを走って19TD、23回のレシーブで453ヤード、6TDをあげた。またディフェンスで、61タックル、2インターセプト、2ファンブルリカバーをあげている。この活躍で2006年にゲータレイドより、テネシー州最優秀選手に選ばれた[1]

Rivals.comからは、4つ星、全米25位のアスリートにランクされた[2]。多くの大学スカウトたちから、オフェンス、ディフェンスのそれぞれで期待された彼は、テネシー大学オーバーン大学アラバマ大学からのオファーを断り、ノートルダム大学に進学した。

2007年を練習生として過ごした後、2008年をラインバッカーとして迎えた。この年9試合に先発出場し、57タックル、3.5サックをあげた。2009年にはストロングセイフティとして6試合先発出場した後、ストロングサイドのラインバッカーとして6試合に先発出場した[1]。この年69タックルをあげた。2010年には、全13試合でストロングセイフティとして出場、93タックル、チームトップの7インターセプトをあげた。2011年には、マイケル・フロイドとともにチームキャプテンとなり[3]、全13試合に先発出場、90タックルをあげた。

ミネソタ・バイキングス[編集]

2012年のNFLドラフトでは、その年セイフティとしては、マーク・バロンに次いで2番目に高く評価され[4]、1巡29位指名権をミネソタ・バイキングスが2巡35位、4巡98位と引換で、ボルチモア・レイブンズからのトレードアップで獲得、指名された[5]。同年第5週のテネシー・タイタンズ戦では、小競り合いを止めに入ったオフィシャルを押したことから退場処分を受けた[6]。10月19日には、ワシントン・レッドスキンズロバート・グリフィン3世へのホースカラータックルで、15,750ドルの罰金を課された。10月21日のアリゾナ・カージナルス戦で、プロ入り後初のインターセプトリターンTDをあげた[7]。12月9日のシカゴ・ベアーズ戦でも56ヤードのインターセプトリターンTDをあげた[8]、第7週のアリゾナ・カージナルス戦[9]、第8週のタンパベイ・バッカニアーズ[10]、第14週のシカゴ・ベアーズ戦ではジェイ・カトラーのパスをインターセプト、56ヤードをリターンしてTDをあげて[11]、週間最優秀新人選手候補に選ばれた。第16週のヒューストン・テキサンズ戦でも活躍し、週間最優秀新人選手候補に選ばれた[12]。1年目のこの年、100タックル以上をあげた[13]

2013年10月13日のカロライナ・パンサーズ戦で負傷、10月19日に復帰可能なオプション付きの故障者リスト入りした[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile”. ノートルダム・アイリッシュ. 2013年1月7日閲覧。
  2. ^ Harrison Smith”. rivals.com. 2013年1月7日閲覧。
  3. ^ NOTRE DAME RELEASES OFFICIAL FIFTH-YEAR SENIOR LIST”. sportscrack.blogspot.jp (2011年1月27日). 2013年1月7日閲覧。
  4. ^ ドラフト1巡指名の勝ち組は?”. NFL JAPAN (2012年4月28日). 2013年1月7日閲覧。
  5. ^ バイキングス、トレードアップでSスミスを29位指名”. NFL JAPAN (2012年4月27日). 2013年1月7日閲覧。
  6. ^ 審判を押して退場処分のバイキングス新人Sが謝罪”. NFL JAPAN (2012年10月8日). 2013年1月7日閲覧。
  7. ^ RBピーターソン完全復活、ラン153ヤードで勝利に貢献”. NFL JAPAN (2012年10月22日). 2013年1月7日閲覧。
  8. ^ バイキングスがベアーズ撃破、プレイオフに望みつなぐ”. NFL JAPAN (2012年12月10日). 2013年1月7日閲覧。
  9. ^ レッドスキンズRBモリス、第7週の週間新人MVP選出”. NFL JAPAN (2012年10月27日). 2013年1月7日閲覧。
  10. ^ QBラック、最多タイ3度目の週間MVP選出”. NFL JAPAN (2012年11月4日). 2013年1月7日閲覧。
  11. ^ レッドスキンズのRBモリス、第14週の週間新人MVP”. NFL JAPAN (2012年12月15日). 2013年1月7日閲覧。
  12. ^ 7度目の受賞、グリフィンが第16週の週間新人MVP”. NFL JAPAN (2012年12月29日). 2013年1月7日閲覧。
  13. ^ プレーオフ出場-ム詳細 ミネソタ・バイキングス”. NFL JAPAN. 2013年1月7日閲覧。
  14. ^ バイキングス、負傷のSスミスを故障者リストに登録”. NFL JAPAN (2013年10月19日). 2013年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
クリスチャン・ポンダー
ミネソタ・バイキングス
ドラフト1巡指名
2012年
マット・カリル
次代: