730交差点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
730交差点
国道390号標識
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
沖縄県道79号標識
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
沖縄県道87号標識

730交差点(ナナサンマルこうさてん)は、沖縄県石垣市にある交差点国道390号の起点であり、日本の国道網における最西端に当たる。

戦前の沖縄県は日本国内の他の地域と同じく自動車は左側通行であったが、沖縄戦終了直後の1945年6月24日に、沖縄を占領下に置いたアメリカ軍により右側通行に変更されていた。「730」の名称は、1972年沖縄返還後、1978年7月30日をもって県内全域で日本本土同様の左側通行に戻した[1]ことに由来する。

当日は、午前6時に経過措置終了を知らせる消防署のサイレンと石垣港に停泊する船の汽笛が鳴らされ、県外からの応援71名を含む総勢164名の警察官及び民間指導員が終日、本交差点を通過する自動車に左側通行を指導した[2]

730交差点の石碑

この際に大きな事故も無くスムーズに左側通行への移行が完了したことを記念して730の石碑が立てられ、2008年7月30日には30周年記念事業として石碑一帯を整備。730シィーシィーパーク(「シィーシィー」は八重山方言シーサーのこと)と命名された。

交差道路[編集]

各方面の主な目的地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1977年(昭和52年)9月20日政令第268号「沖繩の復帰に伴う特別措置に関する法律第五十八条第一項の政令で定める日を定める政令」
  2. ^ 「730シィーシィーパーク」供用開始八重山日報、2008年7月31日)

関連項目[編集]

座標: 北緯24度20分17.56秒 東経124度9分28.19秒 / 北緯24.3382111度 東経124.1578306度 / 24.3382111; 124.1578306