7つの初期の歌曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

7つの初期の歌』(ななつのしょきのうた、ドイツ語: Sieben frühe Lieder)は、アルバン・ベルク歌曲集である。ベルクがまだアルノルト・シェーンベルクの弟子だった期間の1905年ごろから1908年にかけて作曲された。

ベルクが作曲した歌曲は83曲に及ぶが、生前に出版したのはこの曲集と『4つの歌曲』作品2だけであり、その他の作品は死後出版された(ただし、演奏会用アリア「ぶどう酒」は1930年に、別人の手によるピアノ伴奏編曲版がウニフェルザル出版社より出ている)。

まず、ベルクの作曲家としてのデビューとなった1907年11月7日のウィーン商業組合ホールでの《シェーンベルクの弟子たちの作品発表会の夕べ》において後の第3・4・6曲が演奏された(ベルクによれば、『疑いもなく最もよくできた』第4曲は不評で、『最も脆弱な』第3曲が大衆受けしたという)。その後、改訂された1928年に全曲が初演された。

シェーンベルクの影響力は濃厚で否定しがたいものの、それとシェーンベルク以前のドイツ・リートの遺産とが結合されており、リヒャルト・ワーグナーの情感豊かな表現や「新しい展望」を介して、とりわけリヒャルト・シュトラウスの書法に非常に影響されている。ソプラノピアノ伴奏のために作曲されているが、1928年には出版と共に改訂され、また管弦楽伴奏版も作成された。

楽器編成[編集]

フルート2(2番はピッコロ持ち替え)、オーボエ2(2番はイングリュッシュホルン持ち替え)、クラリネット3(うち1はA管)、ファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット1、トロンボーン2、ティンパニ大太鼓タンブリントライアングルタムタムシンバルハープチェレスタ(任意)、弦五部

演奏時間[編集]

約17分。

構成[編集]

以下の7曲からなる。

  1. Nacht(詩:カール・ハウプトマン
  2. 葦の歌 Schilflied(詩:ニコラウス・レーナウ
  3. 夜鳴きうぐいす Die Nachtigall(詩:テオドール・シュトルム
  4. 夢に見た栄光 Traumgekrönt(詩:ライナー・マリア・リルケ
  5. 室内にて Im Zimmer(詩:ヨハネス・シュラーフ
  6. 愛の賛歌 Liebesode(詩:オットー・エーリヒ・ハルトレーベン
  7. 夏の日 Sommertage(詩:パウル・ホーエンベルク

参考文献[編集]