63ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯37度31分11.24秒 東経126度56分25.11秒 / 北緯37.5197889度 東経126.9403083度 / 37.5197889; 126.9403083

63ビル
Seoul Building63.jpg
63ビル
各種表記
ハングル 63빌딩
漢字
発音 ユクサムビルディン
英語表記: 63 Building
テンプレートを表示

63ビル(ユクサムビル)は、韓国ソウル特別市永登浦区汝矣島(ヨイド)にある、地上60階地下3階からなる超高層ビル。高さは地上249m(海抜264m)。陽光に輝く様子からゴールデンタワーとも呼ばれる。

概要[編集]

大韓生命63ビル」の名称で1980年に着工。設計は、アメリカのスキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(SOM)による。1985年に完成し、それまで8年間アジア一高いビルであった日本サンシャイン60(高さ239.7m、地上60階)を抜き、1986年シンガポールOUBセンターが完成するまで数ヶ月間、アジア一高いビルとなった。2002年に大韓生命保険が韓国火薬グループ(ハンファグループ)に買収され[1]、63ビルもハンファグループの所有になった。

ビル全体が金色に見えるのが外観の特徴である。長らく韓国一の高さを誇っていたが、サムスンタワーパレスG棟 (264m) と木洞ハイペリーオン (256m) の建設によって、韓国第3位となった。2011年には北東アジア貿易タワー(305m)が完成し、さらにソウルをはじめ韓国国内では高さ600m級の超高層ビル計画が複数進められているため、韓国きっての超高層ビルという地位は昔のものとなりつつある。

ソウル市内を一望できる展望台「63 SKYDECK」の他、地下に水族館、立体映像が見られるIMAXシアター、フードコートなどがある。

63シーワールド[編集]

63シーワールドは、1985年7月27日開館した63ビルにある大型水族館である。総面積1078坪の施設内に、400種類、約2万匹の海洋生物を保有している。ペンギン、しびれうなぎ、ピラニアウツボカワウソマツカサウオワニなどがいる。またタチウオはく製なども展示してある。

エレベーター[編集]

約54m/sの速さをもつエレベーターがあり、地下1階から地上60階まで運行されている。ちなみにこのエレベーターは、民間人に公開利用される韓国のエレベーターのうち最も速いものである。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓和の大韓生命買収が確定」 朝鮮日報、2002年9月23日。

外部リンク[編集]