OUBセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OUBセンター
OUB Centre.JPG
施設情報
所在地 シンガポールの旗 シンガポール共和国
状態 完成
建設期間 - 1986年
用途 事務所
地上高
屋上 280.1m
最上階 -
各種諸元
階数 63 階
延べ床面積 101,784 m2
エントランスの様子

OUBセンター(OUBせんたー、英語OUB Centre中国語簡体字):华联银行大厦)とは、シンガポール共和国の中央地区、ラッフルズプレイスに位置する超高層ビルである。

概要[編集]

OUBセンターは、シンガポールのCBD(中心業務地区)であるシンガポール川沿いのダウンタウンラッフルズプレイスに建てられた高さ280.1m、地上63階、地下4階建ての超高層ビルである。尖塔型ではない箱型のモダニズム建築で、設計は日本を代表する建築家である丹下健三、施工は日本の鹿島建設により行われた。

建物は1986年に完成し、韓国ソウル1985年完成した63ビルを抜き、1990年イギリス香港(当時)の中国銀行タワーが完成するまでアジアで最も高いビルとなった。

シンガポールの大手銀行である華聯銀行有限公司Overseas Union Bank)の本店として建てられたこの建物は、同国を代表する超高層建築でもある。

シンガポールの建築法により、周囲の超高層建築は最高軒が概ね280mまでとなっている。

また現在OUBセンターに隣接する形で、地上38階建ての新棟『ワン・ラッフルズプレイス(One Raffles Place)』が2011年に完成の予定で建設中である。

周辺施設[編集]

交通[編集]

  • MRTラッフルズ・プレイス(Raffles Place)駅直上

関連項目[編集]

外部リンク[編集]