2-ノネナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2-ノネナール
識別情報
CAS登録番号 2463-53-8
18829-56-6trans
60784-31-8cis
特性
化学式 C9H16O
モル質量 140.22g/mol
外観 無色透明の液体
沸点

55-60°C at 0.30mmHg

危険性
MSDS External MSDS
EU分類 刺激性(XI
NFPA 704
NFPA 704.svg
2
1
0
Rフレーズ R38
Sフレーズ S24/25 S37 S45 S28
引火点 79 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-ノネナール(2-Nonenal)は、不飽和アルデヒドの一種であり、油臭くて青臭いニオイを有する。熟成したビール[1]ソバ[2]の重要な芳香成分であり、オリス(ニオイアヤメ)、脂肪そしてキュウリの知覚概念である[3]。資生堂リサーチセンターの土師信一郎らによってヒトの体臭中にも存在することが見出され、加齢臭との関連が研究されている。

加齢臭との関連について[編集]

2001年4月発行のJournal of Investigative Dermatology(JID)において、資生堂リサーチセンターの土師信一郎らによって"2-Nonenal, Newly Found in Human Body Odor Tends to Increase with Aging"の表題で発表された[4]

この論文で彼らは、26歳から75歳までの女性が3日間着用したシャツから、ヘッドスペースガスクロマトグラフィー/マススペクトルを使って捕集した体臭成分の分析を含む研究を報告した。彼らは多くの体臭成分の濃度は年齢に影響が小さいが、中高年では2-ノネナールの濃度がもっとも顕著に増加する傾向があると結論づけた。さらに、2-ノネナールは皮膚表面に見られるパルミトレイン酸バクセン酸のようなω-7不飽和脂肪酸の酸化的分解反応によって生じることを究明した。

彼らは、シャツに縫い込まれたガーゼパッドでサンプルを集め、溶媒にヘキサンを用いて脂質を抽出することによって皮膚表面の脂質の濃度を分析し、サピエン酸のようなω-10脂肪酸の濃度は年齢による変化は見られないが、ω-7脂肪酸の濃度は加齢によって増加することを報告した。

脚注[編集]

  1. ^ Santos J.R.; Carneiro J.R.; Guido L.F.; Almeida P.J.; Rodrigues J.A.; Barros A.A. (2008). “Determination of E-2-nonenal by high-performance liquid chromatography with UV detection - Assay for the evaluation of beer ageing.”. Journal of Chromatography A 985 (1): 395-402. doi:10.1016/S0021-9673(02)01396-1. 
  2. ^ Janes D, Kantar D, Kreft S, Prosen H (2008). “Identification of buckwheat(Fagopyrum esculentum Moench) aroma compounds with GC-MS”. Food Chemistry. doi:10.1016/j.foodchem.2008.05.048. 
  3. ^ 2-nonenal 60784-31-8
  4. ^ S. Haze, Y. Gozu, S. Nakamura, Y. Kohno, K. Sawano, H. Ohta and K. Yamazaki (2001). “2-Nonenal Newly Found in Human Body Odor Tends to Increase with Aging”. Journal of Investigative Dermatology 116 (4): 520–524. doi:10.1046/j.0022-202x.2001.01287.x. 

関連項目[編集]