辺戸岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辺戸岬

辺戸岬(へどみさき)は、沖縄県国頭郡国頭村辺戸に属し、太平洋及び東シナ海に面する(東経128度15分56秒、北緯26度52分18秒)。沖縄島の最北端(「沖縄県」の最北端は、久米島町硫黄鳥島)にある。好天の日は、22km離れた奄美群島与論島沖永良部島を望むことができる。沖縄海岸国定公園に含まれる。

地理[編集]

辺戸岬周辺の空中写真。1977年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • サンゴ質の絶壁から成り、岬上は広い台地となっている。
  • 沖縄県がアメリカの統治下にあった頃、本土復帰を願って、ここからのろしを上げた。また年に1度、辺戸岬と与論島との間(北緯27度の海上)で、本土との交流集会も行われていた。
  • 1972年昭和47年)の沖縄返還にさいして建立された「日本祖国復帰闘争碑」がある。
  • 茅打バンタの北側に位置する辺戸岬ドームは、世界的にも珍しい海底の鍾乳洞で、ダイビングスポットとして知られる。

周辺の観光地[編集]

茅打バンタ
ヤンバルクイナ展望台
  • 茅打バンタ - 岬へ至る南西岸の絶壁。かつては交通の難所だったが、現在は国道58号トンネルが短絡している。
  • 奥集落 - 古くからの民家が引き継がれている。奥ヤンバルの里(資料館・宿泊施設)あり。
  • 辺戸岬灯台
  • ヤンバルクイナ展望台
  • 金剛石林山

飲食店[編集]

辺戸岬園地内に辺戸岬パーラー金城がある。

交通[編集]

路線バス[編集]

路線の詳細は沖縄本島のバス路線、国頭村営バスに関しては外部リンクの国頭村のホームページを参照。

自動車[編集]

関連項目[編集]

  • 荒崎 - 沖縄島最南端の岬。
  • 喜屋武岬 - 同島南西端に位置する岬。
  • 辺戸岬 (曲) は、2012年4月28日開催の沖縄本土復帰40周年記念イベントのテーマ曲である。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度52分18秒 東経128度15分56秒 / 北緯26.87167度 東経128.26556度 / 26.87167; 128.26556