趙甲濟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
趙 甲濟
各種表記
ハングル 조 갑제
漢字 趙 甲濟、趙 甲済
発音: チョ・ガプジェ
日本語読み: ちょう こうせい
ローマ字 Jo Gap-je
英語表記: Cho Gap-che
テンプレートを表示

趙 甲濟(チョ・ガプジェ、1945年10月24日 - )は、大韓民国ジャーナリスト、政治評論家、作家、歴史家。元『月刊朝鮮』編集長。保守団体「国民運動本部」の創設者[1]趙 甲済とも表記される。

略歴[編集]

日本埼玉県生まれ。生後直ぐ韓国へ帰国し、釜山高等学校から釜山水産大学校に進学するも兵役終了後に中退。1971年釜山国際新報に入社して記者生活をスタート、1974年の重金属汚染追及報道などで韓国記者賞を7回受賞する。だが、朴正煕政権を批判して2度停職処分を受け、光州事件では自ら取材しようとしたところを解雇に追い込まれている。その後、ソウルに移り、1983年に『月刊朝鮮』編集部入り。この時、朴正煕暗殺事件を取材したことを切っ掛けに朴正煕を近代革命家として評価することになる。1991年に『月刊朝鮮』編集長となり2004年まで在任、その後はネット・メディア「趙甲濟.com」を足場に言論活動を繰り広げている[1]

著作[編集]

編著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴置高史 (2013年9月12日). “米国も見透かす韓国の「卑日一人芝居」”. 「親中反日」は韓国でも危ぶまれ始めた. 日経ビジネスオンライン. 2013年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]