荒正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

荒 正義(あら まさよし、1952年4月12日 - )は、日本プロ麻雀連盟に所属する競技麻雀プロ雀士エッセイスト漫画原作者北海道常呂郡留辺蘂町出身(現在は北見市と合併)。現在、日本プロ麻雀連盟副会長。同団体内での段位は九段。血液型はA型。

プロ麻雀界での実績から現役最強と言われている本格派である。

裏プロで、テレビ対局などにおけるキャッチフレーズは「最後の裏プロ」・「北海の荒法師」・「イナズマ打法」。趣味は囲碁でアマチュア七段。

経歴・人物[編集]

麻雀を始めてから23歳でプロ入りを果たす。2013年現在に至るまで「それが好いことなのか、能力が乏しいのかいまだにわからない」と著書で述べている[1]

将来の夢は「海のそばで港があって美味しい魚を毎日食べられる町に住むこと」らしく、30代の打ち盛りのとき、50歳で引退してその夢をかなえようと思ったことがあるが、突如起きたバブル景気の様々な影響(著書では「湧いた金が人を狂わし破壊した」、「神は金に踊る人間を許さなかった」とある)や、「(もっと働け、もっと(麻雀を)打て!)」と神の声と比喩する言葉を聞き取ったことにより「生涯現役」を決めたという[1]

雀風[編集]

雀風は巧みな鳴きを要所要所で使う柔軟型。かつて、近代麻雀誌上で「ジャックナイフ」と形容されたこともある。 しかし小島武夫には、その鳴きについて、「荒は腰が軽くなった」と批判されることもある。

近年ではメンゼンで戦うことが多く、攻撃型に徹している。荒本人はこれを「自然流」と称している[2]

獲得タイトル[編集]

など

著書[編集]

  • 麻雀覇王ブックス(7)荒正義の麻雀「プロの条件」(毎日コミュニケーションズ
  • 麻雀エキサイト〈1〉荒正義・実戦三十番(毎日コミュニケーションズ)
  • プロ麻雀魂其の1 敗れざる者 荒正義(毎日コミュニケーションズ)
  • 『麻雀 神の視点 最強プロが教える勝ち方の極意』(ベスト麻雀文庫)ISBN 978-4-584-39333-8

漫画原作[編集]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『麻雀 神の視点』まえがき 3~5ページより。
  2. ^ 『麻雀 神の視点』カバー見開き著者コメントより。

外部リンク[編集]