茶臼山古墳 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茶臼山古墳
Chausuyama01s3200.jpg
茶臼山古墳
位置 北緯34度39分6.06秒
東経135度30分44.42秒
所在地 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1
形状 前方後円墳
規模 墳丘長200m
築造年代 5世紀
史跡指定 大阪府指定史跡「茶臼山古墳および河底池」
特記事項 全国第35位の規模[1]
テンプレートを表示

茶臼山古墳(ちゃうすやまこふん)は、大阪市天王寺区茶臼山町にある前方後円墳。大阪府指定史跡に指定されている。

概要[編集]

古墳の周囲一帯は天王寺公園となっており、この古墳も公園の一部として遊歩道が整備されている。公園本体との間には河底池(かわぞこいけ・こそこいけ、通称ちゃぶいけとも言う)があるが、これは延暦7年(788年)に和気清麻呂が、大和川河内湖の排水と水運のために上町台地をここで開削しようとして失敗した跡地とも言われる。

同地を古墳とするかは説が分かれる。 古来荒陵、または荒陵山と呼ばれてきた同地は古墳と伝承され、ここから発掘されたとされる石棺蓋が四天王寺に伝わっている。古地図の形状からも追認され、そのため従来前方後円墳といわれてきた。

しかし1986年昭和61年)の発掘調査の結果では埴輪葺石などが確認されなかったことから、「古墳ではない」とする説も現れた。

一方、四天王寺境内の発掘調査で埴輪などが出土しており、茶臼山古墳を含めさらなる周囲の発掘の進展が望まれている状況にある。

2009年の発掘調査で水銀朱を塗られた石室らしきものが発掘されたことが発表されている。

歴史[編集]

古墳自体は5世紀にこの地の豪族のために作られた墓といわれ、大阪市内でも最大級の前方後円墳だが被葬者は不明である。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、翌慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では真田信繁(幸村)の本陣となって「茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)」の舞台となった。

明治以降は住友家邸宅の敷地の一部となっていたが、1925年(大正14年)に住友家から邸宅敷地(現・大阪市立美術館)、慶沢園とともに大阪市に寄付され天王寺公園の一部となった。河底池は1928年(昭和3年)に公園に編入されている。

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ 2012年12月19日更新版)。