茅盾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茅盾
Mao Dun.jpg
プロフィール
出生: 1896年8月12日
光緒22年7月4日
死去: 1981年3月27日
中華人民共和国の旗 中国北京市
出身地: 清の旗 浙江省嘉興府桐郷県
職業: 作家
各種表記
繁体字 茅盾
簡体字 茅盾
拼音 Mao Dun
発音転記: マオ トン
ラテン字 Mao Tun
テンプレートを表示

茅盾(ぼう じゅん、マオ・トン) は、中国小説家評論家。本名は沈徳鴻(沈德鴻、シェン・トホン)、雁冰(雁冰、イェンピン)。中国現代史と人間の関わりを描いた小説を多く書き、代表作に『子夜』『霜葉は二月花よりも紅く』など。1949年から65年まで中華人民共和国文化部部長を務めた。近代中国最大の共産作家と称される[1]。ペンネームに玄珠、方璧、止敬、蒲牢、形天等60余がある。弟の沈沢民は「二十八ボルシェビキ」として活動した一人。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

浙江省桐郷県鳥鎮鎮に生まれる。父は医者(儒医)で、清朝末期の維新派に共鳴しており、子供の頃の茅盾は私塾で天文や地理などを学ばせられ、小学校へ進む。父は茅盾が10歳の時に死去し、茅盾は湖州の中学に入り、その後嘉興杭州の中学に転じ、1913年に北京大学予科に進むが、家計のために3年で退学する。上海の出版社商務印書館に入社し、『四部叢刊』編集、『学生雑誌』誌の記事執筆などに従事。1920年に中国共産党の前身である上海共産主義小組に参加する。中国共産党創立時からの党員であった。

戦前から戦中[編集]

1921年に近代文学運動の組織「文学研究会」設立に参加し、22年まで機関誌『小説月報』の編集を務め、外国文学の紹介や、自然主義、写実主義に関する評論を執筆した。1924年頃から革命運動に加わって宣伝を担当、この頃は神話の研究や、小説の試作を始める。1926年には商務印書館を退社、27年からは武漢国民政府で新聞の学芸欄の編集に携わったが、これが分裂すると盧山の牯嶺に滞在した後に上海に戻って文学に専念。草稿を元に中編小説「幻滅」を書き上げて、『小説月報』に茅盾の名で掲載[2]、続いて1928年にかけて革命運動を描いた「動揺」「追求」を書き、職業作家となる。この三作は「触」三部作と呼ばれる。第一次国共合作崩壊後の混乱の中で共産党組織との連絡が切れ、以後は左派系無党派作家として活動する。

1928年7月に日本に渡り、評論、エッセイや、長編小説『虹』などを書き、また中国神話の研究「中国神話研究ABC」をまとめ、1930年に上海に戻る。1931年に中国左翼作家連盟に参加、行政書記の仕事に就くが数ヶ月後に神経衰弱、胃病、眼病を併発して辞職[3]。1932年に、世界大恐慌下中国の民族資本家階級の没落を描いた長編『子夜』を執筆。当初は『小説月報』に掲載される予定だったが、第一次上海事変で出版元の商務印書館が丸焼けになったため、1933年に開明書店から単行本として出版した。

1937年に始まった日中戦争で上海が陥落すると、武漢を経て香港に移り、『言林』新聞の学芸欄と『文芸陣地』誌の編集をしながら、新聞連載小説『君はどこへ行くか』を執筆、抗戦下の上海の事情を描いた。茅盾は38年から1年間、新疆省ウルムチの新疆学院に招聘されて教師を務める。1940年にウルムチから延安に向かい、ここの魯迅芸術学院で教鞭をとり、続いて同年10月から重慶に滞在、41年春に香港に戻り、旅程を記したエッセイ「見聞雑記」、長編『腐蝕』を執筆。1941年に日本軍が香港に入ると、1942年に夫人と3人の作家とともに桂林に脱出し、ここで多くの作品を書く。日本軍が迫って来ると重慶に移り、短編数編や、最初の戯曲「清明前後」を書いた。

戦後[編集]

茅盾胸像

大戦終結後茅盾は上海に戻り、『文聯』の編集に就く。1946年にはソ連ヴォスクに招かれ、ソ連各地を旅行。47年3月に香港に戻り、『小説月刊』誌の編集をしながら、旅行記やエッセイを執筆。1949年に北京で中華全国文芸工作者代表大会が開催されると、南方代表団の一員として参加し、中華全国文学芸術聯合会(全国文聯)の副主席に選ばれ、その下部組織中華全国文学工作者協会の主席となった。同年10月に中華人民共和国が成立すると文化部部長となり、1965年1月まで務めた。公人としては沈雁冰の名を使い、また以後文学者としては、評論などの活動を行う。

文化大革命の際には、夏衍が映画化した『林家舗子』が批判されたり、健康上の理由で一時隠遁する。

1979年に全国文聯の名誉主席、中国作家協会主席に選ばれる。1981年に北京で没した。享年85。茅盾の死後、1921年にさかのぼって中国共産党員として認定される。故郷の桐郷烏鎮の旧居は全国重点文物保護財とされ、また1982年に茅盾文学賞が設立された。

作品[編集]

小説[編集]

  • 『幻滅』1927年
  • 『動揺』1928年
  • 『追求』1928年
  • 『虹』1929年
  • 『子夜』1932年
  • 『林家舗子』1934年
  • 農村三部作『春蚕』『秋収』『残冬』1934-37年
  • 『君はどこへ行くか』1937年(1945年出版時に『第一段階の物語』に改題)
  • 『腐蝕』1941年
  • 『霜葉紅似二月花』1946年

評論集[編集]

  • 『夜読偶記』1956年
  • 『鼓吹集』1959年

作品集[編集]

  • 『茅盾文集』人民文学出版社 1958年-1961年
  • 『茅盾全集』人民文学出版社 1984年-1987年

邦訳[編集]

  • 『子夜』
  • 『腐蝕』小野忍訳 岩波書店 1961年
  • 『霜葉は二月の花に似て紅なり』立間祥介訳 岩波書店 1980年
  • 『新中国文学選集 茅盾作品集』尾坂徳司訳 青木書店 1955年
  • 『現代中国文学全集3 茅盾篇』奥野信太郎他訳 河出書房新社 1958年(「霜葉は二月花よりも紅く」「林商店」「レーナとキティ」「西北見聞記」「渡船にて」「八年間の文藝工作の成果と傾向」)
  • 『茅盾回想録』立間祥介、松井博光訳 みすず書房 2002年(『我走過的道路』前半部分の訳)

参考文献[編集]

  • 松井博光『薄明の文学 中国のリアリズム作家・茅盾』(東方書店 1979年)
  • 是永駿『茅盾小説論-幻想と現実-』(汲古書院 2012年)
  • 白井重範『「作家」茅盾論-二十世紀中国小説の世界認識』(汲古書院 2013)

[編集]

  1. ^ 夏志清(劉紹銘『中国現代小説史』)
  2. ^ 最初は「矛盾」と署名したが、編集者が草かんむりを付けて「茅盾」として本名らしい名にした。
  3. ^ 『子夜』「後記」(岩波書店、1970年、小野忍・高田昭二訳)