苧うに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕画図百鬼夜行より「苧うに」』
佐脇嵩之『百怪図巻』より「わうわう」

苧うに(おうに)は、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』で描かれている日本妖怪

山姥の一種とされ、口が耳まで避けた老婆で、全身が黒い毛に覆われている[1]

もとは江戸時代の妖怪絵巻『百怪図巻』に「わうわう」の名で描かれていたもの。「苧うに」の「苧」とは植物のカラムシのことで、ここではカラムシまたはの繊維から作った糸を束ねた房を意味し、この妖怪の髪や体毛が積み上げた苧を連想させることから、石燕が「苧うに」と名づけたといわれる[2]

また「苧うに」の「うに」は枯れた湿原植物からできた泥炭を意味し、真っ黒なもののたとえでもあり、この妖怪の髪の黒さをたとえた名でもある[2]

伝承[編集]

『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などにはこの妖怪の解説はないものの、前述の「苧」と山姥の関連として、越後国(現・新潟県)の西頸城郡小滝村に以下のような伝承があることから、このような山姥を描いたものといわれる[3]

山岸七兵衛という男の家に女たちが集まり、麻で苧を績んでいると、姥が現れ「俺も績んでやる」と言って手伝いを始めた。山姥は麻を噛んでは糸を引き出し、あっという間に大量の苧を績んでみせた。

手伝いを終えた山姥は家を出た。女たちが後を追ってみたが、姿は忽然と消えていた。しかしこの家のそばの石には、現在でも山姥の足跡が残っているという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 水木しげる妖鬼化』2 中部編、Softgarage2004年、27頁。ISBN 978-4-86133-005-6
  2. ^ a b 京極夏彦多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会2000年、155-156頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、68頁。ISBN 978-4-620-31428-0