羅門祐人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

羅門 祐人(らもん ゆうと、1957年 - )は、日本の小説家

人物[編集]

福岡県出身。埼玉医科大学医学部中退。血液型はO型。星座は山羊座。少林寺拳法の心得がある。

エニックスから発売された『暗黒城』でゲームクリエイターとしてデビュー。1983年に大学時代の同級生だった森田和郎と共に株式会社ランダムハウスを設立。その後ランダムハウスより独立し、1986年10月にアーテックの社長に就任。後にアーテックを解散し、フリーランスのゲームデザイナーとなる。

作家デビューは角川文庫の『自航惑星ガデュリン』シリーズ。SF架空戦記を主に執筆する。作家デビュー後しばらくは主に自身がデザインしたゲームの世界観を活かした作品を発表していたが、現在は架空戦記ものを主たるフィールドとする。設定やストーリー展開の上で大規模な歴史改変を行うことが多く、後書きなどでは「シム・シビライズ」という造語を用いている。日本文藝家協会・日本推理作家協会所属。

羅門というペンネームは過去に執筆した未発表作品の主人公の名前で、響きが気に入ったため使用している。本人が後に辞書で調べたところ硯の意味があり、文筆の仕事との奇妙な縁を感じて驚いたとのこと[1]

主な作品[編集]

小説[編集]

  • 自航惑星ガデュリン(全3巻、角川書店、1989年)
    • カデュリン 愛・放浪編(全4巻、角川書店、1990年)
    • 覇王の拳 ガデュリン辺境編(全1巻、アスペクト、1994年)
    • わが故郷の地球《ほし》ガデュリン望郷編(POPノベルス、2006年)
  • 異次元クエスト・光の戦士(全3巻、国土社、1989年)
  • 元祖羅門堂病院(全3巻、早川書房、1991年)
  • 灼熱のミラージュ - 独立傭兵隊タリム7(全1巻、早川書房、1993年)
  • シルヴァ・サーガ 光と闇の伝説(全1巻、アスペクト、1993年)
  • 青き波涛(全10巻+外伝1巻、KKベストセラーズ、1994年)
  • 鋼鉄の嵐(全6巻、サンマーク出版、1995年)
  • 天軍戦国史(全3巻、ベストセラーズ、1996年)
  • ヒポクラテスの剣 憂国医師団(全1巻、朝日ソノラマ、1997年)
  • 星間興亡史(全5巻、アスキー、1997年)
  • 独立愚連艦隊(全8巻、コスミックインターナショナル、1997年)
    • 平成愚連艦隊(全5巻、コスミックインターナショナル、2004年)
  • 紅の翼 - 独立空軍物語(全4巻、KKベストセラーズ、1998年)
  • 巨艦伝説(全6巻、学習研究社、1999年)
  • 皇国の連合艦隊(全5巻、コスミックインターナショナル、2000年)
  • 覇王の軍(全10巻(1-2巻:KKベストセラーズ、3-10巻:経済界)、2000年)
  • 弥勒降臨(全1巻(未完)、角川春樹事務所、2001年)
  • 時空防衛隊1944(全5巻、コスミック出版、2001年)
  • 覇・信長記(1-12巻+外伝2巻、KKベストセラーズ、2001年、中岡潤一郎共著)
  • 敬天布武(全4巻、学習研究社、2002年)
  • 蒼茫の海(全4巻、有楽出版社、2002年)
    • 群青の航跡(全2巻、有楽出版社、2004年)
  • 独立日本艦隊(全6巻、経済界、2004年)
  • 真・大日本帝国軍 陸海統合の嵐(全4巻、学習研究社、2004年)
  • 異史・第二次世界大戦(全7巻、経済界、2007年、中岡潤一郎共著)
  • 異 帝国太平洋戦争(1-10巻、学習研究社、2013年)
  • 帝国本土決戦(全4巻、コスミック出版、2007年)
  • 列島大戦NEOジャパン(全11巻、経済界、2014年)
  • 潜水空母Z艦隊(全3巻、コスミック出版、2012年)
  • 帝国連合大戦(全3巻、有楽出版、2010年)
  • 異史・第三次世界大戦(1-4巻、経済界、2013年、中岡潤一郎共著)

2013年12月26日現在

コミック原作[編集]

ゲーム[編集]

  • 暗黒城
    処女作にして、後の『ミネルバトン&シルヴァ・サーガ』シリーズの完結編となる物語。『ガデュリン』シリーズの関連作でもある。
  • アゲイン

ランダムハウス時代[編集]

アーテック時代[編集]

以下のタイトルは、アーテックのスタッフによるデザインのもの。

  • ダークレイス
  • バルバトゥスの魔女
  • キングブリーダー

フリーランス時代[編集]

  • ガデュリン(ディレクター兼任)
    元々はファミリーコンピュータ用として開発が進んでいたが、スーパーファミコン用に変更された。
  • シルヴァサーガ
    ミネルバトンサーガの続編。ファミリーコンピュータ用ソフトで、IIの前史となる。
  • シルヴァサーガII(ディレクター兼任)
    ミネルバトンサーガの続編。スーパーファミコン用ソフトで、FC版と表裏一体ともいえる物語が展開される。

以上3作品はセタ発売。

脚注[編集]

  1. ^ 『自航惑星ガデュリン』 第2巻 あとがきより

関連項目[編集]