精霊ナッ信仰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポッパ山

精霊ナッ信仰 (せいれいナッしんこう) は、ミャンマー民間信仰・土着信仰である。同地においては仏教と並存している。4か所の聖地をもつが、そのうちバガン南東の平原にあるポッパ山を総本山とする。「ナッ神」を信仰する。

歴史は古く、モン族あるいはビルマ族が同地に王国を形成する以前から存在した。11世紀パガン王朝モン王国を滅ぼし、同王朝最初の王アノーヤター上座部仏教の布教を試みたが、本信仰の存在が布教を阻み、困難を極めた。

関連事項[編集]