第5海兵師団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5th Marine Division
第5海兵隊員の記章
第5海兵隊員の記章
創設
  • 1943年11月11日‐1946年2月5日
  • 1966年‐1969年
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
軍種 USMC logo.svgアメリカ海兵隊
兵科 歩兵師団
任務 水陸両用・強襲揚陸
ニックネーム 先鋒 (The Spearhead)
主な戦歴 第二次世界大戦
* 硫黄島の戦い
ベトナム戦争
* アレゲーニー作戦
* テト攻勢
指揮
著名な司令官 トーマス・E・バーク

アメリカ海兵隊第5海兵師団(U.S. 5th Marine Division)は、第二次世界大戦中に編成された、アメリカ軍の師団。硫黄島の戦いに投入された。

概要[編集]

師団は1943年11月11日より設立準備が開始され、1944年1月21日にカリフォルニア州のペンドルテン基地にて開隊された。訓練の後に対日戦に投入されることとなり、1945年にホーランド・スミス中将指揮下の第56任務部隊の第5水陸両用軍団に第3海兵師団第4海兵師団と共に編入されて、硫黄島に送られることとなった。

1945年2月16日に師団は、アメリカ海軍部隊の援護の基、硫黄島に上陸した。師団は左翼の担当であり、擂鉢山もその担当範囲にあった。2月23日に撮影された擂鉢山に掲げられた星条旗の写真『硫黄島の星条旗』は傘下の第28海兵連隊が撮影したものである。

第二次世界大戦終了後の1946年2月5日に解散となる。ベトナム戦争時の1966年から1968年にかけて現役部隊に復帰しており、第26海兵連隊や第27海兵連隊が南ベトナムに送られている。

編制[編集]

1945年[編集]

3個連隊基幹

  • 第26海兵連隊 26th Marine Regiment
  • 第27海兵連隊 27th Marine Regiment
  • 第28海兵連隊 28th Marine Regiment
  • 第13海兵連隊(砲兵) 13th Marine Regiment
  • 第5工兵大隊 5th Engineer Battalion
  • 第5先遣大隊 5th Pioneer Battalion
  • 第5戦車大隊 5th Tank Battalion
  • 第5支援大隊 5th Service Battalion
  • 第5輸送大隊 5th Motor Transportation Battalion
  • 第5衛生大隊 5th Medical Battalion
  • 第5水陸両用車大隊 5th Amphibian Tractor Battalion
  • 第11水陸両用車大隊 11th Amphibian Tractor Battalion
  • 第5統合戦闘通信大隊 5th Joint Assault Signal Battalion
  • 第2装甲水陸両用車大隊 2nd Armored Amphibian Tractor Battalion
  • 第3装甲水陸両用車大隊 3rd Armored Tractor Battalion
  • 第5海兵観測部隊 5th Marine Observation Squadron
  • 第6海兵軍用犬小隊 6th Marine War Dog Platoon
  • 第27補充大隊 27th Replacement Battalion
  • 第31補充大隊 31st Replacement Battalion
  • 3rd Platoon 2nd Laundry Company

1966年[編集]

  • 第26海兵連隊 26th Marine Regiment
  • 第27海兵連隊 27th Marine Regiment
  • 第13海兵連隊(砲兵) 13th Marine Regiment
  • 第3憲兵大隊 3rd Military Police Battalion FMF Pac

歴代師団長[編集]

  • トーマス・E・バーク

外部リンク[編集]