石角完爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石角 完爾(いしずみ かんじ、1947年 - )は、日本国際弁護士保守派で改宗し、現在ウルトラオーソドックス派(ハバド・ルバヴィッチ)に所属するユダヤ人。千代田国際経営法律事務所代表。日系ユダヤ人。ヨーロッパ(とくに北欧)から見た文明評論・経営評論・教育評論を著述活動の形で行う評論家スウェーデン在住。

経歴・人物[編集]

京都府出身。京都大学法学部を首席で卒業した。在学中に国家公務員上級試験(現・国家I種試験)、司法試験に合格した。

通商産業省(現・経済産業省)を経て、ハーバード・ロースクールペンシルベニア大学ロースクールを卒業。米国証券取引委員会 General Counsel's Office Trainee、ニューヨークの法律事務所シャーマン・アンド・スターリングを経て、1981年に千代田国際経営法律事務所を開設。

2002年にアメリカの教育コンサルタントの公認資格を取得。イギリスおよびアメリカを中心に教育コンサルタントとして、世界中のボーディングスクールの調査・研究を行っている。

著書[編集]

 ≪韓国語版≫「アメリカのスーパーエリート教育」

 ≪韓国語版≫「お金とユダヤ人」

 ≪中国語版≫「ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方」

TV・ラジオ出演[編集]

  • フジテレビ 報道2001年 '98/6/28放映
  • 関西テレビ ホットジャーナル '01/6/30放映 (法の番人の素顔~司法の扉は開かれた~)
  • BS11 「トップに聞く! 昭和の経営に学べ」'08/1/12放映
  • 「Bestsellers Channel」 '09/6/6日放送
  • spectrumradio「石角完爾の世界ユダヤラジオ放送インタビュー番組」

外部リンク[編集]