灯台守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

灯台守(とうだいもり)とは、有人灯台に滞在して灯台等を維持・管理する、またはその職にある者のことである。灯台員(とうだいいん)ともいい、身分によっては灯台職員(とうだいしょくいん)ともいう。

概要[編集]

灯台守は、灯台が常に航路標識としての役割を果たせるように維持管理をするため、灯台に併設された家もしくは灯台の近くに建てられた家に滞在している。家には灯台守だけでなく家族も一緒に住んでいる場合もある。灯台守が公務員の場合、灯台と併設の家屋または灯台の近くに建てられている家屋は、たいてい官舎である。

日本の灯台守[編集]

日本においては、長崎県五島市男女群島女島にある女島灯台が最後の有人灯台である。しかし、自動化の後、残務処理の終了とともに2006年平成18年)12月5日に無人化され[1]、国内の灯台守は消滅した。

日本において、国が管理してきた有人灯台はすべて公務員が直接に維持・管理を行ってきた。第二次世界大戦前は、逓信省灯台局などが業務を所管してきており、戦後の海上保安庁の創設により、灯台業務は海上保安庁に統合された。

灯台守とその妻と長年の生活について、映画「喜びも悲しみも幾歳月」で描かれている。

灯台守を題材とした作品[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

  • 灯台守」:勝承夫作詞の学校唱歌。曲はイギリス民謡と言われていたが、「仰げば尊し」がアメリカの曲であることを発見した桜井雅人によって、この曲もアメリカの曲であったことが明らかにされた。

ドラマ・映画[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]