ジャネット・ウィンターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャネット・ウィンターソン
Jeanette Winterson 01.JPG
2005年、ワルシャワ
写真著作権者:Mariusz Kubik
誕生 1959年8月27日(54歳)
マンチェスター
職業 小説家、ジャーナリスト
デリカテッセンのオーナー
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1985年 -
代表作 オレンジだけが果物じゃない
主な受賞歴 コスタ賞
ジョン・レウェリン・ライズ賞、他
公式サイト http://www.jeanettewinterson.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャネット・ウィンターソン OBEジャネット・ウィンタースンJeanette Winterson OBE, 1959年8月27日 - )は、イギリス小説家

経歴[編集]

ウィンターソンはマンチェスターの生まれ。ペンテコステ派の夫婦が養子縁組し、宣教師にするつもりで、ランカシャーのアクリントン(Accrington)で育てた。ウィンターソンは16歳でレズビアンの関係を持ち、家を出たと言っている。オックスフォード大学セント・キャサリンズ・カレッジ(St Catherine's College, Oxford)で英文学を学んだ。ロンドンに移って、24歳で処女作『オレンジだけが果物じゃない』を出版。この作品は1985年にコスタ賞(Costa Book Awards)の処女作部門賞を受賞し、1990年にはウィンターソン自身の脚本でテレビ・シリーズ化され(『Oranges Are Not the Only Fruit』)、それもまた英国アカデミー賞最優秀ドラマ賞を受賞した。1987年にはナポレオン時代のヨーロッパを舞台にした『ヴェネツィア幻視行』で、ジョン・レウェリン・ライズ賞(John Llewellyn Rhys Prize)を受賞した。

それ以降のウィンターソンの小説は、フィジカリティ(身体性)とイマジネーション、ジェンダーの両極性、性的アイデンティティの境界に踏み込み、いくつかの文学賞を受賞した。その中で『パワー・ブック』は2002年に舞台化され、英国国立劇場(Royal National Theatre)で上演された。ウィンターソンは東ロンドン(East London, England)のスピタルフィールズ(Spitalfields)の廃屋になっていたテラスハウスを購入し、Pied-à-terre(アパートのような住居)および1階を有機農産物の店「Verde's」に改造し、自身もそこに住んでいる。

2006年には、大英帝国勲章の「オフィサー」を叙勲した。

2000年まで12年間にわたってBBCラジオのアナウンサー、ペギー・レイノルズがウィンターソンのパートナーだった[1]。ガールフレンドには他に、ウィンターソンの著作権代理人でもあり、ブッカー賞作家ジュリアン・バーンズの妻のパット・カヴァナー(Pat Kavanagh)がいた。

作品[編集]

  • オレンジだけが果物じゃない(Oranges Are Not the Only Fruit, 1985年) - 日本語訳:岸本佐知子国書刊行会
  • Boating for Beginners(1985年)
  • Fit For The Future: The Guide for Women Who Want to Live Well(1986年)
  • ヴェネツィア幻視行(The Passion, 1987年) - 日本語訳:藤井かよ早川書房
  • さくらんぼの性は(Sexing the Cherry, 1989年) - 日本語訳:岸本佐知子(白水Uブックス
  • Oranges Are Not The Only Fruit: the script(1990年)
  • 恋をする躰(Written on the Body, 1992年) - 日本語訳:野中柊講談社
  • Art & Lies: A Piece for Three Voices and a Bawd(1994年)
  • Great Moments in Aviation: the script(1995年)
  • Art Objects(1995年)
  • Gut Symmetries(1997年)
  • The World and Other Places(1998年)
  • パワー・ブック(The Powerbook, 2000年) - 日本語訳:平林美都子英宝社
  • The King of Capri(2003年)
  • 灯台守の話(Lighthousekeeping, 2004年) - 日本語訳:岸本佐知子(白水社)
  • 永遠を背負う男 世界の神話(Weight, 2005年) - 日本語訳:小川高義角川書店
  • タングルレック(Tanglewreck, 2006年)−日本語訳 : 瓜生知寿子(小学館
  • The Stone Gods(2007年)
  • The Battle of the Sun(2009年)
  • ライオンと一角獣とわたし(The Lion, The Unicorn, and Me 2009年)- 日本語訳:池田香代子BL出版
  • Why Be Happy When You Could Be Normal?(2011年)
  • The Daylight Gate(2012年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]