仰げば尊し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仰げば尊し』(あおげばとうとし/あふげばたふとし)は、1884年明治17年)に発表された唱歌。卒業生が教師に感謝し学校生活を振り返る内容の歌で、特に明治から昭和にかけては学校卒業式で広く歌われ親しまれてきた。ニ長調または変ホ長調が多い。8分の6拍子で、編曲されたものが何種類か存在する。 2007年平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。

概要[編集]

"The Song Echo" front cover by H.S. Perkins (1871)
"Song for the close of school" (page 141) in "Song Echo" by H.S. Perkins (1871)

明治から昭和にかけては学校の卒業式においてしばしば歌われた定番の曲であり、現在でも中年以上の世代を中心として日本の多くの人々の記憶に残る歌である。その知名度ゆえ映画やドラマにおいてもたびたび用いられており、映画『二十四の瞳』(高峰秀子主演、1954年公開)に見られるように作品の中でも重要な役割を果たすこともある。しかし平成に入ってからは、大都市の公立学校(特に小学校)を中心に卒業式の合唱曲を『仰げば尊し』から『旅立ちの日に』や『贈る言葉』、『さくら (森山直太朗の曲)』といったその時々の流行曲に変更する学校が多くなっている。『仰げば尊し』の使用が減った理由としては、歌詞が「いと」「やよ」のような古語を多く含む文語調であるため児童・生徒には分かりにくいということが指摘されている。戦後、児童文学者藤田圭雄はこの歌詞を現代風にアレンジしたが、あまり普及しなかった。また2番の「身を立て名をあげ」の部分が立身出世を呼びかけていて「民主主義」的ではない[1]という見方から、『仰げば尊し』を歌う学校の中には本来の2番を省略して3番を2番として歌うこともある。こうした流れの一方で、近年中国人歌手のジェイド・イン(Jade Yin)による日本語の曲が評判になったことや、桜井雅人一橋大学名誉教授による原曲の発見により、『仰げば尊し』に対する新たな関心と再評価が生まれてきている。

また、台湾では現在も卒業式の「定番曲」として『仰げば尊し』が広く使用されており、映画『冬冬の夏休み』では冒頭からこの曲が使われている。台湾には日本統治時代に伝わり、終戦以降も引き続き中国語の歌詞によって使用されている。歌詞は「中華文化高揚」というような民族的・政治的な色彩を加えているものの、日本語の歌詞の影響下で作られたものであり、その歌詞においても関連性が認められる。

歴史[編集]

「仰げば尊し」を巡っては、研究者の間でも長いあいだ作者不詳の謎の曲とされてきた。これまで作曲者については、作者不詳のスコットランド民謡説や伊沢修二説などがあったが、いずれも決定的な証拠がなかった。 しかし2011年1月に一橋大学の桜井雅人名誉教授が、「Song for the Close of School」[2]という楽曲が、1871年に米国で出版された楽譜『The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle.』[3][4]に収録されていることを突き止めた。その旋律フェルマータの位置は「仰げば尊し」と同一であり、また同書が基本的に初出の歌曲のみを載せていたことから、この楽曲こそが原曲であると推測された(これ以外の収録歌集は現在知られていない)。同書は作曲者を「H. N. D.」、作詞者を「T. H. ブロスナン」と記載している。作詞者のブロスナンはその後保険業界で活躍したことが知られているが、作曲者の「H.N.D.」についてはどのような人物であったかは定かではない。「H.N.D.」を『ソング・エコー』の編者ヘンリー・パーキンズ(Henry Southwick Perkins、1833-1914)とする仮説もあるが、確たる証拠はない。

日本には文部省音楽取調掛の伊沢修二らが移植した。正確な経緯は分かっていないが、この歌集が伊沢修二の手元にあったとの記録(手書きの文書)は発見されている [5][6][7][8]。 日本語の歌詞は、大槻文彦里見義加部厳夫の合議によって作られたと言われている。1884年(明治17年)発行の『小学唱歌集』第3編より収録されたのが、唱歌としての始まりである。

原曲を載せた歌集は日本の図書館等では見つかっていないが、アメリカやイギリスの図書館で少数ながら所在が判明しており、また桜井によって版元の違うものを含めて数冊が収集され、現在研究が進められている。2014年2月にキング・レコードから発売された『仰げば尊しのすべて』と題するCDには、桜井を含む研究者による56ページにも及ぶ解説が添付されており、この曲の過去の経緯や現在の状況が詳しく述べられている。翌2015年には、『仰げば尊し――幻の原曲発見と『小学唱歌集』全軌跡』(桜井雅人・へルマン=ゴチェフスキ・安田寛共著、東京堂出版)が刊行されて、「仰げば尊し」を含む『小学唱歌集』収録曲の全容が判明し、洋楽導入の「謎」が解き明かされてきている。

歌詞[編集]

  1. 仰げば 尊し 我が師の恩
    教(おしえ)の庭にも はや幾年(いくとせ)
    思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
    今こそ 別れめ いざさらば
  2. 互(たがい)に睦(むつみ)し 日ごろの恩
    別(わか)るる後(のち)にも やよ 忘るな
    身を立て 名をあげ やよ 励めよ
    今こそ 別れめ いざさらば
  3. 朝夕 馴(な)れにし 学びの窓
    蛍の灯火(ともしび) 積む白雪(しらゆき)
    忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
    今こそ 別れめ いざさらば


\relative c'' { \key e \major \time 6/8 \tempo 8 = 120
\partial 8*1 gis8 | gis4 a8 b4 b8 | cis4 cis8 b4 gis8 | fis4 gis8 a4 cis8 | b4. ~ b4 gis8 | \break
gis4 a8 b4 b8 | cis4 cis8 b4 gis8 | fis4 cis'8 b4 dis,8 | e4. ~ e4 e8 | \break
cis'4 cis8 a4 cis8 | b4 gis8 b4 b8 | cis4 e8 dis4 cis8 | b4. ~ b4 a8 | \break
gis4 a8 b4 e8 | e4 cis8 cis4^\fermata a8 | fis4 a8 gis4 fis8 | \partial 8*5 e4. ~ e4 \bar "|."
}
%% 以下に歌詞を入力しておくが、2013年11月3日現在score拡張機能の歌詞引数が日本語対応していないため、コメントアウトしておく。
%% 2015年3月27日アンコメントいたしました。
 \addlyrics {
\set stanza = "1."
 あ お げ ば と う と し わ が し の お ん
 お し え の に わ に も は や い く と せ
 お も え ば い く と せ こ の と し つ き
 い ま こ そ わ か れ め い ざ さ ら ー ば
 }
 \addlyrics {
\set stanza = "2."
 た が い に む つ み し ひ ご ろ の お ん
 わ か る る の ち に も や よ わ す る な
 み を た て な を あ げ や よ は げ め よ
 }
 \addlyrics {
\set stanza = "3."
 あ さ ゆ う な れ に し ま な び の ま ど
 ほ た る の と も し び つ む し ら ゆ き
 わ す る る ま ぞ な き ゆ く と し つ き
 }

[9]

原詞 直訳
1 We part today to meet, perchance, Till God shall call us home;
And from this room we wander forth, Alone, alone to roam.
And friends we've known in childhood's days May live but in the past,
But in the realms of light and love May we all meet at last.
私たちは今日別れ、まためぐり逢う、きっと、神が私たちをその御下へ招く時に。
そしてこの部屋から私たちは歩み出て、自らの足で一人さまよう。
幼年期から今日までを共にした友は、生き続けるだろう、過去の中で。
しかし、光と愛の御国で、最後には皆と再会できるだろう。
2 Farewell old room, within thy walls No more with joy we'll meet;
Nor voices join in morning song, Nor ev'ning hymn repeat.
But when in future years we dream Of scenes of love and truth,
Our fondest tho'ts will be of thee, The school-room of our youth.
さよなら古き部屋よ、汝の壁の内で、楽しく集うことはもう無い。
朝に声を揃えて歌うことも、午後の賛美歌も、もう繰り返すことはない。
だが、幾年も後の未来に、私たちは愛と真実の場を夢見る。
私たちの最も大切な思い出は、汝、幼き日々の教室となるのだろう。
3 Farewell to thee we loved so well, Farewell our schoolmates dear;
The tie is rent that linked our souls In happy union here.
Our hands are clasped, our hearts are full, And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets, When school-mates say "Good Bye."
さよなら私たちがかく愛した汝よ、さよなら親愛なる級友たちよ。
私たちの魂を、幸せなひとつの繋がりとしてきた絆は解かれた。
私たちの手は固く握られ、心は満ち、そして目には涙をたたえ。
ああ、これぞ惜別の時、級友たちの言葉は「さよなら」。


「別れめ」の「め」の部分でフェルマータ(適当に音を延ばす)がかかる。

なお、題および歌詞は、歴史的仮名遣いでは「あふげばたふとし」である(あふぎ)をおおぎと発音する例に見るように、おおげばとおとしと発音するのが正しい [10] [11] という議論があるが、倒る(たふる)を「たおる」と読み下すのと同様に、仰ぐ(あふぐ)は「あおぐ」と読み下すのが正しい [12]。 また「今こそ別れめ」は係り結びであり、実際は「今まさに別れよう」というような意味になる。「別れ目」と誤解される場合がある[10]

二番の「身を立て 名を上げ やよ励めよ」にあたる原詞は「「But when in future years we dream Of scenes of love and truth,(だが、幾年も後の未来に、私たちは愛と真実の場を夢見る。)」である。代替として、藤田圭雄による歌詞も存在する。

三番の「いざ、さらば」にあたる原詞は「When school mates say Good-bye」であり、原曲の歌詞を十分生かそうとした明治の訳詩者の意思を感じることができる。

カバー[編集]

   (「仰げば尊し ~ from さくら学院 2014 ~」ミュージックビデオ

「仰げば尊し」が登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “卒業式は「身を立て名をあげ」と歌おう”. 産経新聞. (2014年3月19日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140319/wlf14031912110014-n1.htm 2014年3月21日閲覧。 
  2. ^ 元歌のmidi
  3. ^ Perkins, Henry Southwick; T.H. Brosnan, H. N. D. (1871年). The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle. アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区ブロードウェイ599番地: J. L. Peters. pp. p.141. http://books.google.co.jp/books?id=HdlEAAAAIAAJ&pg=PA141. 
  4. ^ Perkins, Henry Southwick; T.H. Brosnan, H. N. D. (1871年). “Song for the Close of School (PDF)” (英語). The Song Echo: A Collection of Copyright Songs, Duets, Trios, and Sacred Pieces, Suitable for Public Schools, Juvenile Classes, Seminaries, and the Home Circle.. J. L. Peters. pp. p.141. 2011年1月25日閲覧。
  5. ^ 斎藤, 基彦 (2011年1月). “小学唱歌集( 初編・第二編・第三編)第五十三 あふげば尊し”. Moto Saitoh's Home Page. 2011年1月25日閲覧。 “桜井私信:2010. 01. 16”
  6. ^ 斎藤, 基彦 (2011年1月). “"Songs for Primary Schools"Volume I, II and III No. 53. Aogeba tohtoshi (Respectful)” (English). Moto Saitoh's Home Page. 2011年1月25日閲覧。 “Sakurai: private communication 16 Jan., 2011”
  7. ^ 春山陽一 (2011年1月24日). “「唱歌集最大の謎」解明 あおげば尊し、元は米国の曲” (日本語). asahi.com. 朝日新聞社. 2011年1月24日閲覧。 “同書が基本的に初出の曲を載せているので、桜井氏は「原曲に間違いない」とみている。 作詞はT・H・ブロスナン、作曲者はH・N・Dとあったが、どのような人物かはっきりしない。”
  8. ^ 共同通信 (2011年1月24日). “「あおげば尊し」原曲の楽譜発見 19世紀米国の歌” (日本語). 47NEWS. 全国新聞ネット. 2011年1月25日閲覧。 “旋律もフェルマータの位置も「あおげば尊し」とまったく同じという。”
  9. ^ 原典(文部省 1884)のホ長調を掲載。
  10. ^ a b 金田一春彦・安西愛子 『日本の唱歌(上)明治篇』 講談社、1977年ISBN 9784061313682
  11. ^ 藍川由美 『これでいいのか、にっぽんのうた』 文藝春秋、1998年、102-103頁。ISBN 9784166600144
  12. ^ 福田恆存私の國語敎室』 文芸春秋〈文春文庫〉、2002年、121頁。ISBN 4-16-725806-4

参考文献[編集]

  • 文部省、1884、「第五十三 あふげば尊し」『小學唱歌集 第三編』NDLJP:992053/10
  • 櫻井雅人、ヘルマン・ゴチェフスキ、安田寛 2015、『仰げば尊し――幻の原曲発見と『小学歌唱集』全軌跡』。360頁。東京堂出版。

外部リンク[編集]