澄田信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
澄田信義(2006年7月18日撮影)

澄田 信義(すみた のぶよし、1935年(昭和10年)2月20日 - 2009年(平成21年)6月13日)は、日本政治家。前島根県知事(5期)。島根県出雲市出身。

来歴・人物[編集]

1953年(昭和28年)島根県立出雲高等学校卒業。1957年(昭和32年)に東京大学法学部を卒業して日本国有鉄道に入社した。1980年(昭和55年)に和歌山県警察本部長、1982年(昭和57年)に日本国有鉄道監察局長、1986年(昭和61年)同常務理事などを歴任した。

1987年(昭和62年)4月の島根県知事選挙に自由民主党公認で出馬し当選[1]4月30日に就任した。2007年(平成19年)4月29日まで島根県知事として最長の5期20年務めた。この間、2003年(平成15年)に全国知事会副会長に就任している。退任時には、昭和時代に就任した最後の現職都道府県知事であった。退任後は島根県文化振興財団理事長、島根県社会福祉協議会会長を務めた[1]。2007年(平成19年)11月には旭日大綬章を受章[1]

2009年(平成21年)6月13日、内臓疾患のため、島根県松江市内の病院で死去。享年75(満74歳没)[1]従三位に叙せられた。同年9月13日に、県・県議会・県内市町村などで組織された実行委員会主催の「お別れの会」が営まれる。

文献[編集]

著書[編集]

  • 『ふるさとに立ちて-島根新時代への道』 山陰中央新報社、1990年7月、ISBN 4879030155
  • 『あすの島根をつくる』 山陰中央新報社
  • 『21世紀しまね新時代』 山陰中央新報社、1998年
  • 『汽笛に想う-鉄道マン知事の交通への挑戦』 ぎょうせい、2001年6月、ISBN 4324064318

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “澄田前島根県知事が死去”. 山陰中央新報. (2009年6月14日) 

関連項目[編集]