淀川河川公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
淀川河川公園 海老江地区の野淀川河川公園 球場
背割堤地区の桜並木

淀川河川公園(よどがわかせんこうえん)は、淀川の河川敷にある国営公園である。 運営は淀川河川公園管理グループ共同体(阪神造園建設業共同組合と一般財団法人公園財団のJV)が受託している(平成27年度まで)。

概要[編集]

20箇所の施設広場を運営している。

ほかに野草広場地区、景観保全地区、自然地区がある。とくに景観保全地区である背割堤地区(京都府八幡市)はの名所である。

公園施設のほか、地区によるが野球場テニスコート陸上トラックサッカー/ラグビー場・フットサルコート・ゲートボールディスクゴルフ場・パターゴルフ場・グラウンドゴルフ場・バーベキュー施設・駐車場・プール・スケート場・船着場を設置している。これらの施設利用者数は年間約80万人である。

「川でなければできない利用、川に活かされた利用[1]。」として、身近な自然を楽しめ、川と街の一体感が体現できるというのがコンセプト。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 淀川水系河川整備計画原案 平成19年8月28日 近畿地方整備局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]