河東碧梧桐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
碧梧桐の碑(大蓮寺

河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年明治6年)2月26日 - 1937年昭和12年)2月1日)は、日本俳人随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。

経歴[編集]

愛媛県温泉郡千船町(現・松山市千舟町)にて松山藩士で藩校・明教館の教授であった河東坤(号・静渓)の五男として生まれる。少年の頃は正岡子規の友人で後に海軍中将となる秋山真之を「淳さん」と敬愛していた。

1888年(明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学。1889年(明治22年)、帰郷した子規に野球を教わったことがきっかけで、同級生の高濱清(後の高浜虚子)を誘い子規より俳句を学ぶ。

1893年(明治26年)、京都第三高等学校入学。第二高等学校(現在の東北大学)に編入の後、中退。

1902年(明治35年)に子規が没すると、新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。1905年(明治38年)頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走り始め、1906年(明治39年)より1911年(明治44年)にかけて新傾向俳句の宣伝のため二度の全国俳句行脚を行う。

1933年(昭和8年)3月25日還暦祝賀会の席上で俳壇からの引退を表明した。1937年(昭和12年)1月、腸チフスを患い、更に敗血症を併発し、2月1日に65歳にて永眠。墓所は父母が眠る松山市の宝塔寺及び東京都台東区の梅林寺に分骨されている。

作家論[編集]

碧梧桐と虚子は「子規門下の双璧」と謳われたが、守旧派として伝統的な五七五調を擁護する虚子と激しく対立していた。新傾向俳句から更に進んだ定型や季題にとらわれず生活感情を自由に詠い込む自由律俳句誌『層雲』を主宰する荻原井泉水と行動を共にした。しかし、1915年大正4年)には井泉水と意見を異にし、層雲を去っている。碧梧桐はその年の3月、俳誌『海紅』を主宰。更にこれも中塚一碧楼に譲る。昭和初期に風間直得漢語にフリガナ(ルビ)を振るルビ俳句を試作、これに賛同した碧梧桐もこれを作るようになるが、これはあまり支持をえなかったようだ。

引退については俳句創作への情熱の衰えと、虚子への抗議の意味が込められていたようである。

子規は、碧梧桐と虚子について、「虚子は熱き事火の如し、碧梧桐は冷やかなる事氷の如し」と評した。

代表句[編集]

  • 蕎麦白き道すがらなり観音寺
  • 赤い椿白い椿と落ちにけり
  • 相撲乗せし便船のなど時化(しけ)となり
  • 雪チラチラ岩手颪(おろし)にならで止む
  • ミモーザを活けて一日留守にしたベットの白く
  • 曳かれる牛が辻でずっと見回した秋空だ

著書[編集]

  • 『八年間』
  • 俳諧漫話 新声社 1903.11
  • 俳句評釈 人文社 1903.11
  • 其角俳句評釈 大学館 1904.3 (俳句入門叢書)
  • 蚊帳釣草 俳書堂 1906.8
  • 新俳句研究談 東京大学館 1907.10
  • 三千里 金尾文淵堂 1910.12 のち春陽堂文庫
  • 続三千里 金尾文淵堂 1914/講談社学術文庫上下 1989
  • 新傾向句集 日月社 1915
  • 碧梧桐句集 大須賀乙字編 俳書堂 1916 
  • 碧梧桐は斯う云ふ 大鐙閣 1917
  • 支那に遊びて 大阪屋号書店 1919/復刻・ゆまに書房 1999
  • 二重生活 改造社 1924 (改造社随筆叢書)
  • 子規乃第一歩 俳画堂 1925
  • 画人蕪村 中央美術社 1926
  • 碧梧桐青鸞俳画集 黒住常二郎 大日本美術社 1926
  • 新興俳句への道 春秋社 1929
  • 山を水を人を 日本公論社 1933
  • 子規を語る 汎文社 1934/岩波文庫 2002 
  • 煮くたれて 双雅房 1935
  • 山水随想 日本公論社 1937
  • 子規の回想 昭南書房 1944/沖積舎で復刊 1992 1998
  • 碧梧桐句集 喜谷六花滝井孝作共編 1954 (角川文庫)
  • 碧梧桐全句集 栗田靖編 蝸牛社 1992.4
  • なつかしき人々 碧梧桐随筆集 滝井孝作編 桜楓社 1992.9
  • 河東碧梧桐 蝸牛社 1996 (蝸牛俳句文庫)
  • 河東碧梧桐全集 全18巻 短詩人連盟 2001‐09

参考文献[編集]

  • 栗田靖/著 『河東碧梧桐』 蝸牛社 1996年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]