武島羽衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武島 羽衣(たけしま はごろも、明治5年11月3日1872年12月3日) - 昭和42年(1967年2月3日)は日本の詩人国文学者作詞家宮内省御歌所寄人。本名・武島 又次郎

来歴・人物[編集]

東京府日本橋に生まれる。

東京府尋常中学一高を経て、明治26年(1893年)に東京帝国大学文科大学(現在の東京大学)国文科入学し黒川真頼物集高見らに師事。1895年には創刊された『帝国文学』編集委員となり、詩や文章などを発表。詩『小夜帖』が高山樗牛から絶賛されたことにより、彼の詩人としての名声が高まった。1896年に卒業後、大学院に進学し上田万年に師事する。その後、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)などの教授を務めた。1910年から1961年まで日本女子大学で教鞭をとり、同時期に聖心女子大学実践女子大学でも国文学を講じるなど女子教育に尽力した。また大正大学創立時にも国文学を担当している。 練馬区小竹町の自宅にて死去。享年94。墓地は東京雑司ヶ谷霊園にある。

田中穂積作曲の「美しき天然」、滝廉太郎の歌曲「」の作詞も行なった。

著書[編集]

  • 『修辞学(帝国百科全書)』(博文館、1898年)
  • 『新撰詠歌法』明治書院 1899
  • 『国歌評釈』明治書院 1899-1900
  • 『教育勅語唱歌』(大倉書店、1900年)(小山作之助曲)
  • 『地理教育 東京唱歌』第1,2編(大倉書店、1900年)(小山作之助曲)
  • 『霓裳歌話』(博文館、1900年)
  • 『美文韻文 霓裳微吟』(博文館、1903年)
  • 『文学概論』人文社 1903
  • 『文章綱要』金港堂 1904
  • 『日本文学史』人文社 1906
  • 『文章入門』(大倉書店、1907年)
  • 『国語解釈法』文昌閣 1909
  • 『詠歌入門』大正書院 1914 和歌宝典
  • 『初学和歌談』大正書院 1914 和歌宝典
  • 『和歌をさなまなび』止善堂書店 1917
  • 『美しき道』(美しき道刊行会、1953年)

共著[編集]

  • 『新編国語読本編纂趣意書』小山左文二共著 普及舎 1901 
  • 『女子書翰文範 習字兼用』西脇呉石書 文昌閣 1910
  • 『書法詳解』中村春堂書 帝国講学会 1914
  • 『武島羽衣・とな子歌集』武島達夫 1968