新ひだか中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新ひだか中継局(しんひだかちゅうけいきょく)は、北海道新ひだか町静内農屋の笹山にある中継局で、正式名称は静内中継局である。ここではNHK室蘭放送局のみ設置されている、東静内中継局と三石歌笛中継局についても、併せて記述する。3中継局、アナログ・デジタルともに、偏波面は水平偏波となっている。

静内中継局[編集]

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

静内中継局
(工事中)
ID 放送局名 物理
ch
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日 備考
1 HBC
北海道放送
41 10W 66W 北海道 約11,200世帯[1][2] 2009年
1月16日
無し
2 NHK
室蘭Eテレ
32 68W 全国放送
3 NHK
室蘭総合
50 胆振日高
5 STV
札幌テレビ放送
31
35
68W 北海道 赤数字
チャンネル変更
再編対象チャンネルで、
黒数字は
2012年7月2日から
8月23日の期間内に
変更されたチャンネル。
6 HTB
北海道テレビ放送
20
39
69W
7 TVh
テレビ北海道
42 68W 無し
8 UHB
北海道文化放送
33
37
69W 赤数字
チャンネル変更
再編対象チャンネルで、
黒数字は
2012年7月2日から
8月23日の期間内に
変更されたチャンネル。

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

静内中継局
(NHK・HBC・STV)
静内中継局
(HTB・UHB・TVh)
静内中継局
(TVh)
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
22 TVh
テレビ北海道
映像100W/
音声25W
映像780W/
音声195W
北海道 不明
48 HTB
北海道テレビ放送
52 UHB
北海道文化放送
54 NHK
室蘭Eテレ
映像830W/
音声210W
全国放送
56 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
59 STV
札幌テレビ放送
北海道
62 HBC
北海道放送

FMラジオ放送[編集]

周波数
MHz
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
84.0 NHK
室蘭FM
10W 26W 胆振・日高・
後志管内黒松内町
不明

新ひだか町内テレビ中継局[編集]

東静内中継局[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
44 NHK
室蘭総合
映像1W/
音声250mW
映像3W/
音声760mW
全国放送 不明
46 NHK
室蘭Eテレ
胆振・日高・
後志管内黒松内町

三石歌笛中継局[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
49 NHK
室蘭Eテレ
映像1W/
音声250mW
映像10W/
音声2.6W
全国放送 不明
51 NHK
室蘭総合
映像10.5W/
音声2.6W
胆振・日高・
後志管内黒松内町

備考[編集]

放送エリア[編集]

  • 新ひだか町静内全域、新ひだか町三石・新冠町日高町門別地区の一部。所によっては浦河中継局札幌送信所を受信するところもある。なお、ごく一部の地域ではSTV、HTB、UHBでデジタル混信が生じている地域がある(STV、HTB、UHBの物理送信チャンネルが室蘭局と同一かつ障害物がないためである)。このため2011年度にSTV、HTB、UHBの物理送信チャンネルの変更が予定されている(STV:31→35、HTB:20→39、UHB:33→37。HTB・UHBはこれまで両局で室蘭局のアナログテレビ放送に使用されていたチャンネルが、STVはこれまでHTB札幌送信所のアナログテレビ放送に使用されていたチャンネルがそれぞれ割り当てられる)。
  • 当中継局は静内、新冠市街地からは目視できない程遠く離れており、出力も低いのでカーTV等の受信には適さない。主要建物内での携帯ワンセグもほとんど受信できない。

施設[編集]

  • ひとつは先発3局の共同使用。もうひとつは後発3局の共同使用。
  • デジタル中継局はNHK・民放5局共同で使用するため、アナログ中継局はFM放送単独の中継局として残るNHKを除き2011年7月24日の停波をもって運用を終えた。

設置場所[編集]

  • 静内中継局…日高郡新ひだか町静内農屋の笹山
  • 東静内中継局…日高郡新ひだか町静内浦和の東静内駅北西
  • 三石歌笛中継局…日高郡新ひだか町三石歌笛の新ひだか町立三石歌笛小学校南東高地

地上デジタルテレビジョン放送での対応[編集]

  • 中継局によって対応が異なっている。
    • 静内中継局…2008年12月11日に開局(試験電波を発射)する。
    • 東静内中継局…非該当となっているため、2011年7月24日の停波をもって運用が終えた。
    • 三石歌笛中継局…静内中継局浦河中継局でカバーできるため、「置局不要」になったことから、東静内中継局同様、2011年7月24日のアナログ放送終了とともに廃局。[3]

その他[編集]

  • アナログテレビ放送はHTBを除き全局音声多重放送を実施。なお、アナログデータ放送・字幕放送はHTBを含め実施しているが、特殊な機器でないと視聴できない。
  • 地上デジタル放送(地デジ)は、HTBの音声多重放送・データ放送・字幕放送も一般のテレビで視聴できる。
  • 日高地方沿岸部の浦河、様似、えりも町へリレーする基点局となっており、これらのすべての地区でもHTBアナログの音声はモノラルである。
  • HBCの静内テレビ中継局は同社初のアナログUHF局である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ http://www.soumu.go.jp/main_content/000126570.pdf 地上デジタルテレビジョン放送局チャンネル変更予定表(参考リンク)] (PDF)
  2. ^ 静内中継局送信チャンネルの変更の内容(総務省北海道総合通信局) (PDF)
  3. ^ 2010年3月末に更新されたNHK北海道送信所・中継局の開局予定ロードマップ