文徳源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
源氏二十一流 > 文徳源氏
文徳源氏
No image available.svg
本姓 朝臣
家祖 第55代文徳天皇皇子
種別 皇別
出身地 山城国
著名な人物 源能有
支流、分家 坂戸氏武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

文徳源氏(もんとくげんじ、旧字体: 文德源氏)は、第55代文徳天皇皇子を祖とする源氏氏族で、賜姓皇族の一つ。姓(カバネ)は朝臣


概要[編集]

源氏には祖とする天皇別に二十一の流派(源氏二十一流)があり、文徳源氏はそのうちの一つで文徳天皇から分かれた氏族である。

文徳天皇には13人の皇子がいたとされるが、そのうち8人の皇子が臣籍降下して源氏を称した。中でも子孫を残したのは源能有、源本有、源定有、源行有、源載有の5人である。特に源能有の子孫が繁栄したので、その一族をして一般的には文徳源氏ということが多い。

系譜[編集]

文徳天皇諸皇子系譜


源能有流(嫡流)系図


主な文徳源氏[編集]

氏族[編集]