悪の華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

 

悪の華
Les Fleurs du mal
ボードレールによる書き込みがなされた1857年版『悪の華』扉。
ボードレールによる書き込みがなされた1857年版『悪の華』扉。
著者 シャルル・ボードレール
発行日 初版1857年、第2版1861年(定本)
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

悪の華』(あくのはな、フランス語: Les Fleurs du mal)は、シャルル・ピエール・ボードレールの詩集(杉本訳では『悪の花』)。

詩人の生誕から死までを退廃的、官能的に表現する。象徴主義の始まりを告げるボードレール唯一の韻文詩集。後に各国の詩人たちに多大な影響を与えた。   

概要[編集]

ほとんどの作品は1850年までに書かれた。初版は1857年に刊行。「憂鬱と理想」「悪の華」「反逆」「葡萄酒」「死」の6章に、序詩(読者へ)を含めた詩101篇を収録する。このうち6篇(『レスボス』、『地獄に落ちた女たち』『レーテー』『陽気すぎる娘へ』『宝石』『吸血鬼の変身』:後に禁断詩篇と呼ばれる)が反道徳的であるとして、有罪・罰金処分を受け、該当詩の削除を命ぜられる。

第2版は1861年に刊行。禁断詩篇6篇を削除し32篇を追加、配列を変更し、全125篇を収録する。現在はこの第2版が定本となっている。

ボードレール死後の1868年に、友人たちが編集しゴーティエの序文論考[1]を加えた『悪の華』(ミシェル・レヴィ版全集第1巻)が刊行された。補遺詩集『漂着物』(1866年)の詩篇を含め152編を収録し、第3版と呼ばれるが、必ずしもボードレール自身の意に沿ったものではないとされる。なお、禁断詩篇6篇は、『漂着物』に収録されていたが、第3版には収録されなかった(1869年の『悪の華・補遺』に収録)。

日本語訳[編集]

「悪の華」による音楽作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訳書は『ボードレール』(井村実名子訳、国書刊行会、2011年)

外部リンク[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。