急がば廻れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

急がば廻れ」(いそがばまわれ、"Walk, Don't Run")は、1955年アメリカ合衆国のジャズ・ギタリスト、ジョニー・スミス (Johnny Smith) が作曲し、録音したインストゥルメンタル曲。この曲は基本的に、古くから親しまれたスタンダード・ナンバーである(シグマンド・ロンバーグ1928年に作曲した)「朝日のごとくさわやかに」の対旋律英語版から作られている[1]

1960年秋、シアトルを中心に活動するインストゥルメンタル・ロック・バンドであったザ・ベンチャーズが、サーフ・ロックのシングル盤としてアレンジしたこの曲をリリースし、たちまちヒット曲となった。イギリスでは、作曲家ジョン・バリーが率いるジョン・バリー.セブン (The John Barry Seven) によるカバー・バージョンが『Record Retailer』誌のチャートで最高11位まで上ったが、ベンチャーズのバージョンはそれを上回る8位に達し、『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』誌など、他のイギリスのチャートでもトップ10入りを果たした。

ザ・ベンチャーズのバージョンは、チャート入りを果たした最も初期のサーフ・ミュージック英語版のひとつと見なされており、1960年の8月から9月にかけて、Billboard Hot 100 では最高2位、『キャッシュボックス』では最高3位を5週連続で記録した[2]

ザ・ベンチャーズの初代ドラマーは、後に空軍大将となるジョージ・バビットであったが[3]、バビットは「急がば、廻れ」のリリース前にバンドから脱退していた。 この曲のドラマーについては、バンドの公式サイトには「「急がば、廻れ」のドラマーはスキップ・ムーア (Skip Moore) であり、多くの方々が考えられているホーウィー・ジョンソン (Howie Johnson) ではありません。スキップは、25ドルとレコードの印税の4分の1のどちらか好きな方を選択できました。彼は25ドルをとったのです。」と記されている。後にザ・ベンチャーズは、1964年に新たなバージョンをレコーディングし直して「急がば廻れ'64 (Walk, Don't Run '64)」(ミシルルーを思わせるギター・リフが入っている)をリリースし、この年の8月には米国チャートのトップ10入りを果たした。

チェット・アトキンスは、ザ・ベンチャーズのヒットより3年前にこの今日を録音し、好評を得ていた。他にもこの曲は、 ザ・シャドウズJFAスティーヴ・ハウハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラスペンギン・カフェ・オーケストラなどによってカバーされている。

2003年7月、ザ・ベンチャーズのギタリストであるノーキー・エドワーズは、ライト・クラスト・ダグボーイズ (Light Crust Doughboys) とアルバム『Guitars Over Texas』で共演し、この曲をレコーディングした。このバージョンは、ジャズ風のセカンド・ヴァースや、リズムギターの代わりにキーボードを使用している点などに特徴がある[4]

2010年8月、この曲は米国の The Weather Channel の番組『Local on the 8s』で使用された。

おもな録音[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Campbell, Bob (2001年3月15日). “Guitar Legend Johnny Smith Alive and Well in Colorado Springs”. Colorado Springs Independent (Colorado Springs, Colorado). http://www.csindy.com/colorado/guitar-legend-johnny-smith-alive-and-well-in-colorado-springs/Content?oid=1111071 2011年5月2日閲覧。 
  2. ^ Cash Box Top Singles - 1960
  3. ^ Trivia”. theventures.com. 2012年5月4日閲覧。
  4. ^ sound samples, www.theconnextion.com/artgreenhaw