ペンギン・カフェ・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)は、イギリスの作曲家、ギタリストのサイモン・ジェフスを中心とした楽団。

概要[編集]

クラシック音楽ミニマル音楽民族音楽現代音楽などの要素を取り入れた音楽を作曲、演奏。メンバーは固定されておらず、楽曲により入れ替えられた。

1976年ブライアン・イーノの主催するオブスキュア・レーベルからアルバム「Music From The Penguin Cafe」でデビュー。以後、高い演奏力とユーモア溢れる楽曲で高い評価を得る。また、ペンギンと人間の不思議なイラストのジャケットでも話題に。特に80年代、サブカルチャー/環境音楽の旗手として一世を風靡し、数々の映画や舞台、CMで楽曲が使用された。1997年にリーダー格のサイモン・ジェフスが脳腫瘍で死去して以来、実質的な活動を中止していたが、2007年にジェフス没後10周年コンサートが行われた。

新生「ペンギン・カフェ」と「Anteaters」[編集]

2009年、サイモンの実子であるアーサー・ジェフスを中心に、メンバーも一新した新生「ペンギン・カフェ」が活動を開始。2011年にはペンギン・カフェ名義で初のアルバム『ア・マター・オブ・ライフ...』をリリースした(日本盤は2012年6月発売)。2012年10月には、来日公演が行なわれた。

一方、ペンギン・カフェ・オーケストラのオリジナルメンバーの一部は「The Anteaters」を結成し、ペンギン・カフェ・オーケストラの楽曲を中心に活動している。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

ライブアルバム[編集]

  • When In Rome... (1988)(邦題:黄昏のローマ/ライブ
  • Concert Program (1995)

ベスト・コンピレーションアルバム[編集]

  • Preludes, Airs & Yodels (A Penguin Cafe Primer) (1996)
  • A Brief History (2001)
  • History (2001)
  • The Second Penguin Cafe Orchestra Sampler (2004)
  • Penguin Cafe Orchestra -best- (2007)

サウンドトラック[編集]

  • Oskar und Leni (1999) - 同名のドイツ映画(日本未公開)のためのサウンドトラック

関連作品[編集]

ペンギン・カフェのディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ペンギン・カフェ・オーケストラの楽曲をバレエ用にサイモン自身がリアレンジした

外部リンク[編集]