弾銃フィーバロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弾銃フィーバロン
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 ケイブ
発売元 日本システム
人数 1〜2人
メディア 業務用基板
稼働時期 1998年
テンプレートを表示

弾銃フィーバロン』(だんがん - )は、ケイブの業務用縦スクロールシューティングゲーム1998年発売。

概要[編集]

本作は「怒首領蜂」「エスプレイド」などの弾幕系シューティングとは違い、弾数が少なめで速度が速い従来のシューティングゲームに近い形となっているケイブ製シューティングでは珍しい作品。ちなみに、ケイブ制作の同様の作品には「虫姫さま」のオリジナルモードがある。

凝った得点システムやゆっくりとした確実な回避が求められる弾幕系シューティングとは異なり、単純明快でスピード感溢れるゲーム性を持っている。一方で、弾が速いということは、つまりアドリブでの回避は高いテンションが無ければ困難であり、慣れ以上にパターンの構築が要求される。また高いスピード感のためいわゆる「事故」が非常に多く、内包する雰囲気とは裏腹に見た目は地味なこともあり、そのためか人気は怒首領蜂等に比べると若干低いものとなっている。

一説には、この作品は「シューティング」の原点回帰をテーマとして作られたらしい。シューティングの基本要素である「(敵を)撃つ、(弾を)避ける、(アイテムを)取る」に対する単純明快さがアプローチされており、それは得点の稼ぎ方がノーミス、ノーボムでひたすら敵を迅速に倒しアイテムを根こそぎ回収すればよいことからも伺える(但し、ボス戦のみは稼ぐためにはパーツを先に破壊しなければならない)。

東亜プラン風の硬派なグラフィックとは対照的に、自機のパイロットがアフロのダンサー(ゲーム画面には表示されない)、ダンサーのシルエットが舞うボンバー、80年代ディスコ風のBGM、ゲーム中には「フィーバー!」などのシャウトが常時飛び交うなど、妙にハイテンションで混沌とした雰囲気には一種の中毒性があり、それを好むユーザーには根強いカルト的な人気を持っている。

2012年現在、機種未定ながら家庭用への移植が進んでいる。その際「M2が移植担当、Xbox360のパッドで検証している」と話している。

システム[編集]

自機

本作はプレイヤーの操る機体を、以下の要素を組み合わせて自由に作ることが出来る。

  • 機体
「ウェイショット」と呼ばれる2方向弾の角度と、ボンバーの種類が異なる。
  1. TYPE-A:赤色のウェイショットは真正面に発射される。ボンバーは円形に広がる。
  2. TYPE-B:黄色のウェイショットは前方30度に広がる。ボンバーは自機の真正面のみに発射される。
  3. TYPE-C:青色のウェイショットは前方90度に広がる。ボンバーは画面全体に及ぶ。
  • パワフルショット
ショットボタン押しっぱなしで発射される攻撃の種類が異なる。
  1. LOCK-ON:赤色のノコギリ状のショットを連射する。このショットは固い敵機に触れると、破壊されるまで狙い続ける。威力は低い。
  2. BOMB:黄色の速度の遅いミサイルを6発まで発射する。このミサイルの爆風は連鎖して敵機を巻き込むため、集団に対して効果的。威力は画面内に滞空していた時間に比例して高くなる。
  3. ROLL:青色の貫通力のある光弾が自機の周囲を回転し、ボタンを放した瞬間に前方に射出する。自機の周囲を回転する光弾は東亜プランのヴィマナのサークルボムを彷彿とさせる。
  • 速度
自機の速度を4段階から選択する。なお、速ければ速いほど当たり判定が大きくなる。ただし3速と4速は当たり判定は同じ。
SOSシステム

中型の敵を破壊すると赤く点滅するサイボーグ兵士が出現。サイボーグ兵士は出現と同時に画面下部に向かって進み、最下部につくと折り返し、画面最上部に向かって進む。これを獲得するとカウンターがプラスされていくと同時にカウンター分の得点が入る。敵を破壊した時の固有の得点はなく、このカウンターの数が敵を破壊した時に手に入る得点となる。また、一定数集めることにより1UPアイテムが出現する。回収できず画面最上部に到達してしまった場合はサイボーグ兵士が消滅し、カウンターが0になってしまい、わずかではあるがゲーム内のランクが上昇してしまう。

敵出現パターンには敵を素早く破壊すればその分敵が追加される早回しの要素もある。スコアを稼ぐ方法は「出てきた敵を瞬時に破壊すること」に尽きる。

隠し要素[編集]

  • タイトル画面で下上右左上下左右と入力すると、魚ポコの主人公である「魚太郎」でプレイすることができる。この機体は並みの腕前では制御しきれないほどのスピードを持ち、攻撃力が非常に高い(但し初期状態が最強装備で、パワーアップは出来ない)。一方ボンバーを撃つことができず(ボンバーの入力をすると、ボンバーを撃つ代わりに、自機の撃つ3WAY弾のうち、両サイドの発射角度を変更できる)、当たり判定が非常に大きい超上級者用の機体。制御が難しいが、高火力による硬い敵や画面上方での速攻破壊、サイボーグの回収速度は目を見張るものがある。ちなみにレバー入力があるたびに鳴き声を発する。「ミュー」という猫の鳴き声がすれば成功。その状態でプレイ開始すると機体セレクト画面なしでゲーム開始する。
  • A+Bボタンを押しながらゲームをスタートすると、専用のステージで3分間だけ自機無限でプレイ出来るスペシャルモードがスタート。自機無限を利用したお試し・練習プレイの他、時間内にどれだけスコアを稼げるかというタイムアタックとしてもプレイできる。
  • 1回もミスせずに最終ボスを倒すと、グラッチェ提督操る隠しボスが登場する。隠しボスの名に恥じず、弾幕系シューティングを彷彿とさせる激しい攻撃をしてくるが、この隠しボス戦中はバグで自機の当たり判定が消失しているため、ボンバーを使わない限り自機は無敵となる。つまり、ボンバーを使いさえしなければどうやっても倒せてしまう。隠しボスの形無しである。ちなみに、当時のゲーメストの攻略記事では「極限にまで高まったダンスエナジーにより無敵」と、あたかもケイブが意図した仕様のように書いていたが、実際はバグであり、ケイブ側の意図した仕様ではない。なお、携帯電話移植版では修正されている。

備考[編集]

本作の物語のプロローグ部分は、ゲーメストの読者投稿ページにて連載漫画が掲載されている。

外部リンク[編集]