出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
廟所から転送)
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

(びょう)は

  1. 宗教施設として、
    1. 死者を祀る宗教施設。特に各親族集団において祖先を祀るものをいう(仏壇など)。霊廟。祖廟。この項で記述。
    2. 1から転じて墳墓のこと。特に建造物が伴う墳墓をいうことがある。
    3. 1から転じて神仏を祀る宗教施設。神殿寺院
  2. 王宮の前殿で、政治を行う所。

中国起源の廟[編集]

関帝廟 (神戸市)

中国において廟は、祖先の霊を祀る場であるが、墓所は別に存在する。その為、仏教における仏壇のような位置づけであるが、仏壇とは違い母屋の中には無く、霊廟専用の別棟がある。祖先を篤く敬う中国では、古代から家中で最も重要な場所とされていた。また、孔子を祀る廟や関羽を祀る廟が各地に多数存在するように、祖先の霊だけではなく、民衆が敬愛する英雄や古くから信仰される神祇の廟を建立して祀っている事もある。

三教合流(儒・道・仏の習合)の結果、寺院に神祇や聖賢が祀られていることもあり「寺廟」と総称される。

儒教[編集]

孔子などを祀る廟が学問所などに存在する。有名なものとしては、世界遺産として知られる孔廟東京昌平坂学問所に付属した湯島聖堂がある。

道教[編集]

各地に、城隍神を祀る城隍廟や、関羽を祀る関帝廟などが存在する。

日本における廟[編集]

概要[編集]

日本では、特定な人物を祀る建物を、霊廟(れいびょう)、(びょう)、または霊屋(たまや)、御霊屋(みたまや・おたまや)といい、大きく、神式霊廟仏式霊廟儒式霊廟などに分けられている。また、各地の中華街には関帝廟が存在する。

神式[編集]

主に通常の神社と大差ない方式で祀られている。『延喜式神名帳』に「大帯姫廟神社」(現・宇佐神宮本社の一つ)とあるが、一方では『神名帳』にないが延喜式の式部式の項に「橿日廟」(現・香椎宮)とあり[1]、神社と区別されている例もあったらしい。

有名なものでは豊国神社日光東照宮がある。江戸時代に創建された各の藩祖を祀る神社や明治以降に創建された別格官幣社などがある。また、戦死者などを祀る靖国神社殉職警察官、消防士などを祀る弥生神社(現・弥生堂)、航空事故犠牲者を祀る飛行神社など、集合的に慰霊を目的として祀る例も多い。

上記の例を見ても分かるように、政治権力や政策と結びつくことも多い。

天満宮菅原道真を祀るので廟には違いないが、天神としてのを祀っているという認識の方が一般的である。

霊廟としての神社では、建築様式に権現造が用いられることが多い。

仏式[編集]

主に宗祖や有力檀家(将軍家・藩主等)などが寺院に付随して祀られていることが多い。有名なものでは伊達政宗を祀る瑞鳳殿天海を祀る慈眼堂などがある。 また浄土真宗本願寺派本山西本願寺真宗大谷派本山東本願寺は、元々は宗祖親鸞の遺骨と御影を安置する「大谷廟堂」がルーツである。

イスラーム世界における廟[編集]

イスラーム世界における廟は多くの場合、葬られている人物の墓に付属する施設である。聖地マッカへの巡礼にあわせて預言者のモスクを訪れたり、シーア派の信徒がイラクにあるイマーム達の墓廟に参詣するなど、墓廟は多くのムスリムから崇敬を集める存在である。

信仰に関わるもの[編集]

サウジアラビアマディーナにあるムハンマドの墓廟である預言者のモスクや、イラク・ナジャフにあるアリーの墓廟などが知られる。墓所とされる場所が複数ある場合は廟も複数存在し、アリーの墓廟と称するものはナジャフのほかにも、アフガニスタンマザーリシャリーフなどにも存在している。

スーフィー達を祀る聖者廟も各地に存在する。スーフィズム(イスラーム神秘主義)では聖者崇拝が盛んで、墓廟への参詣によってさまざまな「ご利益」にあずかることを期待する信徒も多い。小規模な墓廟も多いが、世界遺産であるホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟コンヤにあるルーミーの廟といった大規模なものも存在する。

もっとも、イスラームでは偶像崇拝を否定しているため、聖者崇拝や墓廟の聖地視を信仰からの逸脱と見なす厳格な考えも存在しており、過去にはワッハーブ派第一次サウード王国が各地の聖者廟を破壊するという出来事も起こっている。

王侯や学者などの廟[編集]

王侯や学者などの廟も存在する。ダマスカスサラーフッディーンの廟や、アブー・ハニーファシャーフィイーといった著名な法学者の廟、ムガル帝国における各種墓廟建築などがある。

ムガル帝国の墓廟建築には美しいものが多く、第2代皇帝フマーユーンの墓廟であるフマーユーン廟や、第5代皇帝シャー・ジャハーンが皇妃ムムターズ・マハルの墓廟として建設したタージ・マハルは、イスラーム建築の至宝とも言われている。

欧米における廟[編集]

マウソロス霊廟のミニチュア模型(トルコイスタンブール
アイオワ州キー・ウェストにあるセントジョセフ大聖堂霊廟。
この霊廟は従来の霊廟地下墓室に加え、納骨堂も持っている。
ローレルグレン霊廟
(バーモント州シュルーズベリー)

欧米の霊廟マウソレウム(Mausoleum)とは、亡くなった指導者のために構築される大きく印象的なを指している。後に亡くなった個々の人々の為の地下墓室を含んでおり、近代のものは、従来の霊廟地下墓室に加え、納骨堂を持っている。現在では教会のような大型施設の一部になっている事もある。ロサンゼルスの聖マリア大聖堂は、埋葬のための6,000の陵と納骨堂のスペースを持っている。

英名のマウソレウムは、カリア国を統治したアケメネス朝ペルシアの王、マウソロス(Maussollos)の霊廟が由来である。マウソロス霊廟は、「ハリカルナッソスの霊廟」としても知られ、世界の七不思議のうちの1つである。

ニューヨークにあるグラント将軍の墓はマウソロス霊廟を参考に作られた。他には、スプリングフィールドエイブラハム・リンカーンの墓などが有名である。

聖人などを祀るところがヨーロッパに多い。

かつての社会主義諸国では、建国の父を生前の姿そのままに永久保存する形の廟がよく作られた。今日でもモスクワの「レーニン廟」を始めに、北京の「毛主席紀念堂」(毛沢東)、ハノイの「ホー・チ・ミン廟」、平壌の「錦繍山記念宮殿」(金日成)などに見ることが出来る。共産圏以外でもケマル・アタテュルクジンナーマニュエル・ルイス・ケソンホメイニースハルト、モロッコ国王ムハンマド5世の霊廟も造られた。

出典[編集]

  1. ^ 森浩一 「記紀の考古学(10)タラシナカツ彦の死をめぐって」、『論座』 (朝日新聞社)第55号222頁、1999年11月。//books.google.co.jp/books?id=1K-yAAAAIAAJ。"神名帳にはないが『延喜式』の式部式には、橿日廟があって、特異な扱いがみられる。"。 

関連項目[編集]