平成23年台風第17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第17号(Nesat、ネサット)
カテゴリー4の タイフーンSSHS
台風第17号
台風第17号
発生期間 2011年9月24日9:00
- 2011年10月1日3:00(JST)
寿命 6日18時間
最低気圧 950hPa
最大風速
(日気象庁解析)
40m/s (80kt)
最大風速
米海軍解析)
115kt
被害地域 フィリピン香港マカオ華南ベトナム
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
進路

平成23年台風第17号(へいせい23ねんたいふうだい17ごう、アジア名:ネサット〔Nesat、命名国:カンボジア、意味:漁師〕)は、2011年9月24日に発生した台風である。

進路の経過[編集]

概要[編集]

9月24日に熱帯低気圧から変わった台風17号は、発達しながら西に進み、27日午前にルソン島に上陸。その後勢力を弱めながら横断し、南シナ海に抜けた。その後大型の台風となり、勢力を維持しながら西に進み、海南島をかすめベトナムに上陸。その後熱帯低気圧に変わった。

暴風雨の範囲が非常に広いのが特徴であり、それによる被害が相次いでフィリピンで発生した[3]

被害・影響[編集]

フィリピン[編集]

フィリピンでは、増水した川に流される、建物が倒壊するなどして55人が死亡し、28人が行方不明となっている。首都マニラでは、大規模な停電が発生したほか、証券取引所が取引を中止するなどの影響がでた[4][5]。ベイウォ-クでは高波が海岸堤防を乗り越えて浸水し、堤防は高波で破壊された。

中国[編集]

中国では4人が死亡し1人が行方不明に[6]、また強風により少なくとも3人が負傷した[7]。 中国当局では海南省を中心とした地域において約30万人を避難させたほか、交通機関にも乱れが生じた[8]。農作物等への直接的な経済損失額は21億元にのぼった[6]

ベトナム[編集]

ベトナムでは、洪水や浸水によって少なくとも8人が死亡している[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台風17号が発生=気象庁”. 時事通信社 (2011年9月24日). 2011年9月28日閲覧。
  2. ^ 台風17号が発生”. NHK (2011年9月24日). 2011年9月28日閲覧。
  3. ^ 台風17号、フィリピンを直撃 7人死亡”. AFP通信 (2011年9月27日). 2011年9月28日閲覧。
  4. ^ National Disaster Risk Reduction and Management Council(No.17)
  5. ^ 10人死亡、マニラで停電 台風17号、フィリピン横断”. 産経新聞 (2011年9月27日). 2011年9月28日閲覧。
  6. ^ a b 台風17号で魚大量死 広西に深刻な被害”. 毎日中国経済 (2011年10月4日). 2011年10月5日閲覧。
  7. ^ Typhoon Nesat slams into China's Hainan island”. Times of Oman (2011年9月29日). 2011年10月1日閲覧。
  8. ^ 台風17号が中国南部に上陸 フィリピンで少なくとも39人の死者”. CNN (2011年10月1日). 2011年10月1日閲覧。
  9. ^ Typhoon Nesat wreaks havoc in coastal areas”. Viet Nam News (2011年10月1日). 2011年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]