2013年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年の台風
台風の軌跡
最初の台風発生 2013年1月3日
最後の台風消滅 2013年11月15日
最も強かった台風 台風30号 – 895 hPa (mbar), 230 km/h (145 mph)
熱帯低気圧の総数 39
台風の総数 31
死者数 不明
被害額 不明
年度別台風記事一覧
2011, 2012, 2013, 2014, 2015


2013年台風太平洋北西部で発生した熱帯低気圧)のデータ。

8月までは平年並みの発生数であったが、9月と10月に平年を上回る月間7個の台風が発生したため、台風の発生数は31個(平年値25.6個)に達し、1994年平成6年)以来19年ぶりに年間発生数が30個を越えた[1]。10月に発生した7個は1951年昭和26年)以降でもっとも多く、1984年(昭和59年)・1992年(平成4年)と並んだ[1]。日本へは6月の台風3号から10月の台風28号まで14個が接近し、9月には17号と18号の2個が上陸している[1]。また、100個に1個の確率とされてきた東経180度線越えの台風が2つ(13号・14号)発生した[1]

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(ソナムー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 1月3日 – 1月8日
ピーク時の強さ 95 km/h (60 mph) (10-min)  990 hPa (mbar)

日本時間1月1日、グアムの南西1,090キロの北緯4度1分・東経141度7分付近で熱帯低気圧が発生[2]。北西に移動しながら々に発達した低気圧は2日にフィリピンミンダナオ島を通過。フィリピン大気地球物理天文局英語版(PAGASA)はフィリピン名としてAuringと命名し[3]合同台風警報センター(JTWC)も熱帯低気圧番号01Wを指定した。

熱帯低気圧はさらに発達、気象庁は1月3日スールー海で台風第1号の発生を確認し[2]、アジア名ソナムーを命名。台風の発生は1951年以降で4番目の早さであった[4]。 台風1号は5日に中心気圧990ヘクトパスカルまで発達したが[2]、その後は勢力を弱めて1月8日9時に南シナ海で再び熱帯低気圧となり[2][5]、1月10日15時に消滅が確認された[2]


台風2号(サンサン)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHS)
発生期間 2月22日 – 2月23日
ピーク時の強さ 65 km/h (40 mph) (10-min)  1002 hPa (mbar)

2月18日、ミンダナオ島の東南の北緯5度・東経131度で熱帯低気圧が発生[6]。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名クリシング(Crising)と命名した。西進してセレベス海に入った熱帯低気圧はサンボアンガ半島を通過。スールー海を経て2月22日3時(協定世界時21日18時)に北緯5度9分・東経110度3分の南シナ海で台風となり[6]、アジア名サンサン(Shanshan)と命名された。同日時点で複数の台風が発生したのは、1951年以来5回目であり、1992年以来21年ぶりのことであった[7]。マレーシアに接近した台風は同日21時(協定世界時22日12時)北緯5度・東経109度7分で再び熱帯低気圧となり、2月23日15時(協定世界時23日6時)に消滅した[6]

19日にはPAGASAによって暴風雨警報がミンダナオ島の各地に発令された[8]。被災者は約26万人、暴風雨による家屋の全半壊156棟、フィリピン国内で4名が死亡、4名が負傷し、2名が行方不明になった[9]


台風3号(ヤギ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 6月8日 – 6月13日
ピーク時の強さ 85 km/h (50 mph) (10-min)  990 hPa (mbar)

6月8日、フィリピンの東で発生した[10]。台風の北上に伴い、日本の南に停滞していた梅雨前線も北上した[11]。6月13日未明、八丈島の南で熱帯低気圧となった[12]

台風4号(リーピ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 6月18日 – 6月21日
ピーク時の強さ 75 km/h (45 mph) (10-min)  994 hPa (mbar)

6月18日、フィリピンの東で発生した。宮古島付近を通過した後、東シナ海に抜けた[13]。台風による大雨の影響で香川県丸亀市で1人が死亡した[14]。6月21日午前9時、温帯低気圧に変わった[15]山口県萩市では、6月20日午前6時までの24時間の降水量が、1976年に観測開始以来最高となる310.5mmとなった。また山陰本線小串駅-益田駅間では始発から約7時間運転を見合わせた[16]。6月21日午後0時10分頃、指宿枕崎線五位野駅-平川駅間で、観光特急指宿のたまて箱が倒木に衝突した[17]


台風5号(バビンカ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 6月21日 – 6月24日
ピーク時の強さ 75 km/h (45 mph) (10-min)  990 hPa (mbar)

6月21日、南シナ海で発生した[18]

台風6号(ルンビア)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHS)
発生期間 6月28日 – 7月2日
ピーク時の強さ 95 km/h (60 mph) (10-min)  985 hPa (mbar)

6月28日、フィリピンの東で発生した[19]

台風7号(ソーリック)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHS)
発生期間 7月8日 – 7月14日
ピーク時の強さ 185 km/h (115 mph) (10-min)  925 hPa (mbar)

7月8日、マリアナ諸島で発生した。7月12日夜遅くから13日未明にかけて、先島諸島に最接近し、石垣市宮古島市で11人が重軽傷を負った。またサトウキビなど農林水産業の被害額は5億7312万9000円(速報値)となった[20]。その後、台湾に上陸した。与那国島では7月13日午前1時37分に60.2m/sの最大瞬間風速を記録した[21]。その後勢力の強いまま台湾北部を襲い、少なくとも1人が死亡した[22]。また台北市郊外の新北市石門区にある台湾電力の第1原発2号機が主変圧器の避雷装置が強風で破損したため緊急停止した[23]江西省では35万人以上が被災し、福建省浙江省では計71万人が被災した[24]

台風8号(シマロン)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 7月17日 – 7月18日
ピーク時の強さ 75 km/h (45 mph) (10-min)  1000 hPa (mbar)

7月17日、フィリピンの東で発生した[25]

台風9号(チェービー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 7月31日 – 8月3日
ピーク時の強さ 95 km/h (60 mph) (10-min)  985 hPa (mbar)

7月31日、南シナ海で発生した[26]。その後、ベトナム北部に接近した[27]

台風10号(マンクット)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 8月6日 – 8月8日
ピーク時の強さ 75 km/h (45 mph) (10-min)  992 hPa (mbar)

8月6日、南シナ海で発生した[28]。その後ベトナム北部に向かった[29]

台風11号(ウトア)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHS)
発生期間 8月10日 – 8月18日
ピーク時の強さ 195 km/h (120 mph) (10-min)  925 hPa (mbar)

8月10日、フィリピンの東で発生した。その後西進して、8月12日にルソン島北部のアウロラ州付近に上陸し、地滑りや洪水などの被害をもたらした。台風による地滑りで、アウロラ州の沿岸の町は、孤立状態となった。また北カマリネス州カタンドゥアネス州の漁船の乗組員9人が行方不明となった[30]、南シナ海に抜けた[31]。フィリピンでは少なくとも6人が亡くなった。台風はその後、香港に接近し、危険度10段階評価の8段階レベルの警戒警報が発令された[32]

台風12号(チャーミー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHS)
発生期間 8月18日 – 8月24日
ピーク時の強さ 110 km/h (70 mph) (10-min)  965 hPa (mbar)

8月17日、沖縄の南で発生した熱帯低気圧が8月18日に台風となった。宮古島付近で先島諸島を通過して東シナ海に進んだ。その後、八重山諸島の北から台湾の北を通過して中国の 福建省に上陸した[33]

この台風では、7月12日の台風7号による降雨以来、干ばつに見舞われていた宮古島地方にとって、恵みの雨となった[34]。また台風により冷たい海水が引き揚げられる湧昇現象が起きたことから、サンゴの大規模白化が起きた1998年並に上昇していた平均海面水温が広範囲で低下した[35]

台風13号(ペバ)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHS)
発生期間 8月18日 – 8月26日
ピーク時の強さ 100 km/h (65 mph) (10-min)  990 hPa (mbar)

ハリケーンとして発生し、東経180度線を超えて台風となった。ハリケーンが越境して台風となったのは、平成18年台風第12号以来のことであった。越境台風であることから、この台風は北西太平洋アジア名ではなく、中部太平洋ハリケーン名となっている[36]

台風14号(ウナラ)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHS)
発生期間 8月19日 – 8月20日
ピーク時の強さ 65 km/h (40 mph) (10-min)  1000 hPa (mbar)

台風13号に続いて、越境台風となったが、台風としては6時間の命で終わった[37]

台風15号(コンレイ)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 8月27日 – 8月30日
ピーク時の強さ 100 km/h (65 mph) (10-min)  980 hPa (mbar)

8月27日、フィリピンの東で発生した。ルソン海峡を縦断して先島諸島に接近、台湾に大雨をもたらした[38]

台風16号(イートゥー)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHS)
発生期間 9月1日 – 9月5日
ピーク時の強さ 65 km/h (40 mph) (10-min)  1002 hPa (mbar)

9月1日、ミッドウェー諸島近海で台風として発生した[39]。その後、東経180度線を越えて東進したため、気象庁では「発達した熱帯低気圧」という名称を用いた。

台風17号(トラジー)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 9月2日 – 9月4日
ピーク時の強さ 95 km/h (60 mph) (10-min)  985 hPa (mbar)

8月31日9時(協定世界時31日0時)に台湾の北側海域の北緯25度6分・東経121度5分で熱帯低気圧が発生[40]。9月2日3時(協定世界時9月1日18時)に久米島の西の海域、北緯26度3分・東経124度8分で台風になった[40][41]。台風は東北に進みながら、当初1000ヘクトパスカルだった中心気圧も3日には985ヘクトパスカルまで低下[40]。4日午前3時頃に鹿児島県指宿市付近から上陸した[40][42]。九州への上陸は2007年8月の平成19年台風第5号以来、6年ぶり[42]。台風から南北に延びる雲は秋雨前線にもつながっていたため[43]、全国各地に大雨をもたらした。また、台風によって沖縄近海のフェリーなど77便が欠航したほか[44]、九州から関東にかけての広範囲でも鉄道の運休が相次いだ。

台風は4日の9時に四国沖の北緯32度9分・東経132度8分で温帯低気圧になったが[40]、その後も日本列島の南の海上を東進して5日の21時に消滅した[40]


台風18号(マンニィ)[編集]

タイフーン (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 9月13日 – 9月16日
ピーク時の強さ 120 km/h (75 mph) (10-min)  960 hPa (mbar)

9月13日午前3時頃、小笠原諸島の南東海上で発生した[45]本州に接近する前から近畿地方を中心に大雨をもたらした[46]気象庁はこの台風で、京都府滋賀県福井県に、初めて特別警報を発令した[47]。東日本・北日本を縦断し、9月16日午後9時頃、北海道の東で温帯低気圧となった[48]。温帯低気圧となった後、カムチャッカ半島方面に向かったが、国後島ユジノクリリスクでは月平均降水量の80%にあたる129mmの降水量を記録、豪雨により同島の道路が寸断された[49]

台風19号(ウサギ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHS)
発生期間 9月17日 – 9月24日
ピーク時の強さ 205 km/h (125 mph) (10-min)  910 hPa (mbar)

9月17日、フィリピンの東で発生した[50]。フィリピンでは2人が亡くなった[51]。9月20日に急速に勢力を強め、9月21日朝、ルソン海峡の真ん中にあたるバタン諸島付近を通過して南シナ海に入った[52]。9月20日、台湾では国防相が洪水や地すべりの危険地帯に兵士1,600人以上を派遣、24,000人を待機させた。またフィリピンでは北部のタルラック州で約240人が避難した[53]。この台風で、台湾東部の台東県屏東県花蓮県‎などで農業に深刻な被害と3722万台湾元の損害をもたらした[54]。中国南部を直撃し、広東省福建省ではそれぞれ数万人が避難、台風に備えて、深セン原子力発電所も6基中4基の出力を低下させた[55]。台風は、9月22日午後7時40分頃、広東省汕尾市に上陸し、9月23日には広西地方に進んだ[56]。中国では25人が死亡、広東省汕尾市での被害額は、約1330億円に上った[57]

台風20号(パブーク)[編集]

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHS)
発生期間 9月21日 – 9月26日
ピーク時の強さ 110 km/h (70 mph) (10-min)  965 hPa (mbar)

9月21日、マリアナ諸島で発生した。その後、小笠原諸島近海に進んだ[58]

台風21号(ウーティップ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHS)
発生期間 9月27日 – 10月1日
ピーク時の強さ 130 km/h (80 mph) (10-min)  965 hPa (mbar)

9月27日、南シナ海で発生した。ゆっくりと西進し、ベトナム中部方面に進んだ[59]

台風22号(セーパット)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHS)
発生期間 9月30日 – 10月2日
ピーク時の強さ 75 km/h (45 mph) (10-min)  992 hPa (mbar)

9月30日、父島の東海上で発生した。小笠原諸島を通過した後、伊豆諸島にも近づいた[60]

台風23号(フィートウ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHS)
発生期間 9月29日 – 10月7日
ピーク時の強さ 140 km/h (85 mph) (10-min)  960 hPa (mbar)

台風22号と同日の9月30日に、フィリピンの東で発生した。先島諸島に接近した後[61]、中国大陸に向かった[62]。10月7日、午前1時15分、福建省福鼎沙埕鎮に上陸、福建省、浙江省に甚大な被害をもたらすとともに、浙江省の57万4000人が、福建省の17万7000人、合計70万人以上が避難することとなった[63][64]。浙江省余姚市では豪雨のため、70%の地域が水没した[65]上海でも10月7日から8日にかけて大雨が降り、高さ2メートルの路線バスが完全に水没するなど浸水被害に見舞われた[66]。中国の国家洪水干ばつ防止総指揮部は、台風による被害が浙江省で20億ドルになることを発表した[67]

台風24号(ダナス)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHS)
発生期間 10月4日 – 10月9日
ピーク時の強さ 185 km/h (115 mph) (10-min)  935 hPa (mbar)

10月4日、マリアナ諸島で発生した。サイズは比較的小さいものの非常に強い台風となったこの台風は、沖縄本島全域を暴風圏に巻き込み、10月7日、与論島の真上を通過して東シナ海に抜けて、10月8日には対馬海峡へ向かった。与論島沖永良部島では、ほぼ全域が停電となった[62]。10月8日から10日まで米空母ジョージ・ワシントンなどが参加する日米韓合同海上演習が予定されていたが、訓練海域に台風が接近することから、演習は延期された[68]

台風25号(ナーリー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHS)
発生期間 10月9日 – 10月16日
ピーク時の強さ 140 km/h (85 mph) (10-min)  965 hPa (mbar)

10月9日、フィリピンの東で発生した。10月10日、フィリピンに台風が接近しているため、11日にフィリピン訪問を予定していたジョン・ケリーアメリカ合衆国国務長官は訪問を中止した[69]。10月12日早朝にルソン島に上陸し、同島を横断した後、南シナ海を経てベトナムへ向かった[70]。フィリピン北部では鉄砲水や地滑りにより、13人が死亡した[71]。その後、ベトナム中部に上陸した台風は、タイ東北部、都心部などに大雨をもたらし、アユタヤ県コンケン県チャチュンサオ県プラジンブリ県などに洪水被害をもたらした[72]。この台風による悪天候はラオス国営航空301便墜落事故にも繋がった。

台風26号(ウィパー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHS)
発生期間 10月11日 – 10月16日
ピーク時の強さ 165 km/h (105 mph) (10-min)  930 hPa (mbar)

10月11日午前3時頃、マリアナ諸島近海で発生した[73]伊豆大島では6時間で549.5mmとなり、アメダス6時間降水量の新記録となった。この集中豪雨により土砂災害が発生し、多くの犠牲者が出た[74]


台風27号(フランシスコ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHS)
発生期間 10月21日 – 10月26日
ピーク時の強さ 195 km/h (120 mph) (10-min)  920 hPa (mbar)

熱帯低気圧番号は26Wで、10月16日未明グアムの南東で発生した[75]。次の日には早くも、シビア・トロピカル・ストーム(STS)となり、気象庁はフランシスコと命名した。10月19日にはカテゴリー5のスーパータイフーンとなり、20日未明には勢力が最も拡大した。これ以降勢力は衰退し、21日にはカテゴリー3のタイフーンとなった。22日にはフィリピンの管轄エリアに入ったためUrdujaと命名された。23日にはSTSまで衰退しながら琉球諸島および西日本南方を通過し、26日には温帯低気圧に変わった[76]。これにより気象庁はフランシスコの消滅を発表した。

台風28号(レキマー)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHS)
発生期間 10月21日 – 10月26日
ピーク時の強さ 215 km/h (130 mph) (10-min)  905 hPa (mbar)

10月21日、マーシャル諸島で発生した。中心気圧が24時間で70ヘクトパスカルも低下しており、24時間での台風の急発達は、平成18年台風第20号以来の急発達であった[77]


台風29号(クローサ)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHS)
発生期間 10月27日 – 11月4日
ピーク時の強さ 150 km/h (90 mph) (10-min)  970 hPa (mbar)

10月28日に合同台風警報センターから番号29Wを、フィリピン大気地球物理天文局英語版(PAGASA)によってフィリピン名Vintaを与えられた[78]熱帯低気圧が、日本時間10月30日3時(協定世界時10月29日18時)にフィリピンの東の北緯15度40分、東経131度20分で台風になった[79] [80]

台風は勢力を強めながら西に進んでフィリピンに接近し、31日にルソン島北部のカガヤン州に上陸[81] [82]。豪雨による水害や[83]風速30メートル以上の強風による被害が出て[84]、20以上の州に警報が出された。11月1日から2日にかけて南シナ海を西に進んだのち西南に進路を変えて、3日には中国・海南省の海南島の南の海上を進み、4日にはベトナム南部に接近すると予想されていたが[85][86]、11月3日の時点で南シナ海の北部で停滞し[87]、11月4日21時(協定世界時11月4日12時)に熱帯低気圧になった[80]


台風30号(ハイエン)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHS)
発生期間 11月4日 – 11月11日
ピーク時の強さ 230 km/h (145 mph) (10-min)  895 hPa (mbar)

11月4日午前9時(協定世界時11月4日0時)、トラック諸島近海の北緯6度05分、東経152度10分で熱帯低気圧から台風になった[88][89][90]フィリピンレイテ島に上陸し、多大なる被害を出した。


台風31号(ポードル)[編集]

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・デプレッション (SSHS)
発生期間 11月14日 – 11月15日
ピーク時の強さ 65 km/h (40 mph) (10-min)  1002 hPa (mbar)

11月9日にパプアニューギニアポートモレスビーから約1,300キロメートル北西の海上で熱帯低気圧の形成が始まった。西に進んだ熱帯低気圧は、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)の管轄する領域に入ったため11日にフィリピン名ゾライダ(Zoraida)と命名された。台風30号に続いて12日にフィリピン南部のミンダナオ島に上陸[91]、南シナ海をさらに西に進んでベトナムに接近。

14日21時(協定世界時14日12時)に北緯11度55分、東経111度で台風31号となり[92][41]、気象庁によってアジア名・ポードルが命名されたが、同日ベトナム南部に上陸すると急速に勢力を弱めて15日9時に再び熱帯低気圧となり、カンボジアに進んだ。台風の発生数が年間31個に達したのは1994年以来19年振り[93]


気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号がない場合も、熱帯低気圧前段階の低気圧番号があるものは掲載。 また、気象庁は台風への発達が予想される熱帯低気圧には「熱帯低気圧a」のようにアルファベットを付与する。なお、立春以前に熱帯低気圧Auringが発生した。

熱低番号 強さ 期間 最大風速/
最低気圧
経路、上陸地
Bising TD
(PAGASA)
1月6日 - 13日 30kts 1002hPa [94]
TD 09 (94W) TD
(JMA)
7月18日 - 20日 30kts 1000hPa [95]
13W TD
(JTWC)
8月17日 - 19日 30kts 996hPa
TD 20 (91W) TD
(JMA)
9月6日 - 6日 30kts 1008hPa [96]
TD 23 (18W) TD
(JMA)
9月16日 - 21日 30kts 996hPa [97]
27W TD
(JTWC)
10月19日 - 22日 25kts 1004hPa
TD 35 (30W) TD
(JMA)
11月4日 - 8日 30kts 1004hPa
33W TD
(JTWC)
12月3日 - 4日 30kts 1004hPa

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2013年(平成25年)の台風について (PDF)”. 気象庁 (2013年12月24日). 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 2013年台風第1号 SONAMU (1301) 位置表”. 気象庁 (2013年1月25日). 2013年11月8日閲覧。
  3. ^ PAGASA's forecast track for TD Auring as of 11 a.m., Jan. 3”. GMA News Online (2013年1月3日). 2013年11月8日閲覧。
  4. ^ 北本朝展. “台風201301号 (SONAMU)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  5. ^ 台風1号 (ソナムー・SONAMU)”. bousai.tenki.jp. 2013年10月26日閲覧。
  6. ^ a b c 2013年台風第2号 SHANSHAN (1302) 位置表”. 気象庁 (2013年9月10日). 2014年1月24日閲覧。
  7. ^ 北本朝展. “台風201302号 (SHANSHAN)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  8. ^ PAGASA: Crising may make landfall 2 more times; 23 areas under Signal 1”. GMA NEWS ONLINE (2013年2月19日). 2014年1月24日閲覧。
  9. ^ SitRep No.13 re Effects of Tropical Depression "CRISING"”. フィリピン国家災害リスク削減委員会(NDRRMC) (2013年2月24日). 2014年1月24日閲覧。
  10. ^ 北本朝展. “台風201303号 (YAGI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  11. ^ 台風3号発達せず 上陸しない見通し 読売新聞 2013年6月12日 中部朝刊 30ページ
  12. ^ 日本海側で猛暑日 台風、熱帯低気圧に 読売新聞 2013年6月13日 東京夕刊 10ページ
  13. ^ 北本朝展. “台風201304号 (LEEPI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  14. ^ 大雨 香川1人死亡 和歌山で記録的雨量 読売新聞 2013年6月21日 大阪朝刊 1ページ
  15. ^ 大雨 引き続き警戒 台風、温帯低気圧に 読売新聞 2013年6月21日 大阪夕刊 11ページ
  16. ^ 前線と台風影響 萩で過去最大310ミリ 24時間降水量 豪雨警戒続く
  17. ^ 温帯低気圧 九州を通過 読売新聞 2013年6月22日 西部朝刊 39ページ
  18. ^ 北本朝展. “台風201305号 (BEBINCA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  19. ^ 北本朝展. “台風201306号 (RUMBIA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  20. ^ 台風7号、先島11人重軽傷 停電最大1万5000戸”. 琉球新報 (2013年7月14日). 2013年10月26日閲覧。
  21. ^ 北本朝展. “台風201307号 (SOULIK)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  22. ^ Powerful typhoon hits Taiwan, headed for China”. USAトゥデイ (2013年7月13日). 2013年10月26日閲覧。
  23. ^ 台風で台湾原発緊急停止 避雷装置が破損”. 産経新聞 (2013年7月14日). 2013年10月26日閲覧。
  24. ^ 台風7号によって大きな被害…パイプライン破損やインフラ断絶=中国”. サーチナ (2013年7月17日). 2013年10月27日閲覧。
  25. ^ 北本朝展. “台風201308号 (CIMARON)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  26. ^ 北本朝展. “台風201309号 (JEBI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  27. ^ 台風9号、ベトナム北部に接近中”. ベトジョー (2013年8月2日). 2013年10月27日閲覧。
  28. ^ 北本朝展. “台風201310号 (MANGKHUT)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  29. ^ 台風10号、今夜にもベトナム北部に上陸”. ベトジョー (2013年8月7日). 2013年10月27日閲覧。
  30. ^ フィリピンに今シーズン最大の台風、ルソン島に上陸し地滑りや停電”. 朝日新聞 (2013年8月12日). 2013年10月27日閲覧。
  31. ^ 北本朝展. “台風201311号 (UTOR)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  32. ^ 台風襲来で香港の生活マヒ状態”. ロシアの声 (2013年8月14日). 2013年10月27日閲覧。
  33. ^ 北本朝展. “台風201312号 (TRAMI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  34. ^ 「恵みの雨」農家安堵/台風12号”. 宮古島毎日新聞 (2013年8月23日). 2013年10月26日閲覧。
  35. ^ サンゴに恵みの風 海面水温 広範囲に低下”. 琉球新報 (2013年8月22日). 2013年10月26日閲覧。
  36. ^ 北本朝展. “台風201313号 (PEWA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  37. ^ 北本朝展. “台風201314号 (UNALA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  38. ^ 北本朝展. “台風201315号 (KONG-REY)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  39. ^ 北本朝展. “台風201316号 (YUTU)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  40. ^ a b c d e f 2013年台風第17号 TORAJI (1317) 位置表”. 気象庁 (2013年9月30日). 2013年11月10日閲覧。
  41. ^ a b 台風201317号 (TORAJI) - 総合情報(気圧・経路図)”. デジタル台風. 2013年11月10日閲覧。
  42. ^ a b 大荒れ:西日本で 台風17号、低気圧と前線影響”. 毎日新聞 (2013年9月5日). 2013年11月10日閲覧。
  43. ^ 北本朝展. “台風201317号 (TORAJI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  44. ^ 台風17号:本島近海を北東へ”. 沖縄タイムス (2013年9月3日). 2013年11月10日閲覧。
  45. ^ 台風18号発生 月曜日に東日本へ接近のおそれも”. ウェザーマップ (2013年9月13日). 2013年10月27日閲覧。
  46. ^ 北本朝展. “台風201318号 (MAN-YI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  47. ^ <台風18号>特別警報、なぜ混乱? 課題は?”. Yahoo!ニュース BUSINESS (2013年9月19日). 2013年10月27日閲覧。
  48. ^ 台風18号は温帯低気圧に 引き続き暴風・高波や土砂災害などに警戒”. ウェザーマップ (2013年9月16日). 2013年10月27日閲覧。
  49. ^ 南クリル住民 台風の影響で断水・停電”. ロシアの声 (2013年9月17日). 2013年10月27日閲覧。
  50. ^ 北本朝展. “台風201319号 (USAGI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  51. ^ 非常に強い台風19号 香港で空の便欠航”. ロシアの声 (2013年9月22日). 2013年10月27日閲覧。
  52. ^ 北本朝展. “台風201319号 (USAGI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  53. ^ 台風19号、台湾とフィリピンに接近し中国沿岸へ”. AFP (2013年9月21日). 2013年10月26日閲覧。
  54. ^ 台風19号被害で日本の駐台代表から台湾へお見舞い状”. フォーカス台湾 (2013年9月23日). 2013年10月26日閲覧。
  55. ^ 台風19号が中国南部を直撃 25人死亡、数万人が避難”. CNN (2013年9月23日). 2013年10月27日閲覧。
  56. ^ 中国南部、台風19号の被害で25人死亡”. 中国国際放送局 (2013年9月23日). 2013年10月27日閲覧。
  57. ^ 猛烈「ウサギ」台風19号が中国南部直撃、25人死亡”. サーチナ (2013年9月24日). 2013年10月26日閲覧。
  58. ^ 北本朝展. “台風201320号 (PABUK)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  59. ^ 北本朝展. “台風201321号 (WUTIP)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  60. ^ 北本朝展. “台風201322号 (SEPAT)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  61. ^ 北本朝展. “台風201323号 (FITOW)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  62. ^ a b 北本朝展. “台風201324号 (DANAS)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  63. ^ 台風23号、中国東部に上陸 70万人超が避難”. AFP (2013年10月7日). 2013年10月27日閲覧。
  64. ^ 【写真報道】台風23号 中国東部に甚大な被害”. 新唐人テレビ (2013年10月8日). 2013年10月27日閲覧。
  65. ^ 台風被害の浙江省余姚市、地元テレビが捏造報道か 市民が抗議”. 大紀元 (2013年10月15日). 2013年10月27日閲覧。
  66. ^ 台風被害、上海では路線バスが水没”. 中国特快新聞 (2013年10月9日). 2013年10月27日閲覧。
  67. ^ 中国 台風23号の損失額20億ドル”. ロシアの声 (2013年10月9日). 2013年10月27日閲覧。
  68. ^ 韓日米合同訓練、台風の影響で延期…北朝鮮は「全軍動員態勢」”. 中央日報 (2013年10月8日). 2013年10月26日閲覧。
  69. ^ 米国務長官がフィリピン訪問中止、台風接近で”. ロイター (2013年10月10日). 2013年10月27日閲覧。
  70. ^ 北本朝展. “台風201325号 (NARI)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  71. ^ 台風25号通過のフィリピン、道路などの復旧進む”. AFP (2013年10月13日). 2013年10月27日閲覧。
  72. ^ 日本続きタイでも大型台風通過!台風25号の影響でタイ国内22県が洪水状態に・・・”. anngle.org (2013年10月16日). 2013年10月27日閲覧。
  73. ^ 台風26号発生 来週の天気に影響も”. ウェザーマップ (2013年10月11日). 2013年10月27日閲覧。
  74. ^ 北本朝展. “台風201326号 (WIPHA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  75. ^ Disturbance UPGRADED to Tropical Depression 26W”. News Release. 2013年10月16日閲覧。
  76. ^ 台風27号 (フランシスコ・FRANCISCO)”. bousai.tenki.jp (2013年10月26日). 2013年10月26日閲覧。
  77. ^ 北本朝展. “台風201328号 (LEKIMA)”. 国立情報学研究所. 2013年10月26日閲覧。
  78. ^ ‘Vinta’ enters PH, may affect Metro Manila–Pagasa”. INQUIRER NEWS (2013年10月29日). 2013年11月1日閲覧。
  79. ^ 平成25年 台風第29号に関する情報”. 気象庁 (2013年10月30日). 2013年11月1日閲覧。
  80. ^ a b 台風201329号 (KROSA) - 総合情報(気圧・経路図)”. デジタル台風. 2013年11月1日閲覧。
  81. ^ ‘Vinta’ makes landfall in northern Cagayan”. INQUIRER NEWS (2013年10月31日). 2013年11月1日閲覧。
  82. ^ Vinta now a typhoon; to hit Cagayan today”. RAPPLER (2013年10月31日). 2013年11月1日閲覧。
  83. ^ Typhoon Krosa / Vinta departs Luzon , Westpacwx Friday Update”. Westernpacificweather.com (2013年11月1日). 2013年11月1日閲覧。
  84. ^ PAGASA Weather Bulletin No. 10, Typhoon Vinta, 31 October 2013, 11 am”. フィリピン大気地球物理天文局 (2013年10月31日). 2013年11月1日閲覧。
  85. ^ China launches emergency response for Typhoon Krosa”. 新華社 (2013年11月1日). 2013年11月2日閲覧。
  86. ^ Typhoon Krosa enters South China Sea, expected to approach Eastern Hainan”. Whats On Sanya (2013年11月2日). 2013年11月2日閲覧。
  87. ^ 台風29号 情報第58号”. エキサイト天気 (2013年11月3日). 2013年11月5日閲覧。
  88. ^ 平成25年 台風第30号に関する情報”. 気象庁 (2013年11月4日). 2013年11月5日閲覧。
  89. ^ 台風201330号 (HAIYAN) - 総合情報(気圧・経路図)”. デジタル台風. 2013年11月5日閲覧。
  90. ^ 台風30号が発生 トラック諸島近海”. 産経新聞 (2013年11月4日). 2013年11月4日閲覧。
  91. ^ Tropical Depression (ZORAIDA) Update Number 007”. Weather Philippines (2013年11月12日). 2013年11月16日閲覧。
  92. ^ 平成25年 台風第31号に関する情報”. 気象庁 (2013年11月14日). 2013年11月15日閲覧。
  93. ^ 台風31号 ベトナムで熱帯低気圧に”. 日本気象協会 (2013年1月15日). 2013年11月16日閲覧。
  94. ^ LPA now a tropical depression, signal No.1 up in Luzon, Visayas”. INQUIRER NEWS (2013年1月12日). 2013年2月19日閲覧。
  95. ^ JMA July 18-19 Tropical Depression”. Japan Meteorological Agency (2013年7月19日). 2013年7月19日閲覧。
  96. ^ JMA September 6 Tropical Depression”. Japan Meteorological Agency (2013年9月6日). 2013年9月6日閲覧。
  97. ^ JMA September 16-18 Tropical Depression”. Japan Meteorological Agency (2013年9月18日). 2013年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]