平忠度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平忠度
Taira Tadanori.JPG
平忠度/月岡芳年画(江戸時代
時代 平安時代末期
生誕 天養元年(1144年
死没 元暦元年2月7日1184年3月20日
墓所 兵庫県明石市 忠度塚
神戸市長田区 腕塚堂・胴塚
埼玉県深谷市 清心寺
官位 右衛門佐従四位上伯耆守
正四位下薩摩守
氏族 桓武平氏維衡流(伊勢平氏
父母 平忠盛藤原為忠の娘
兄弟 清盛家盛経盛教盛頼盛忠度、他
熊野別当湛快の娘
忠行
平忠度(小林清親画)
平忠度(菊池容斎画)

平 忠度(たいら の ただのり)は、平安時代平家一門の武将平忠盛の六男。平清盛の異母弟。

生涯[編集]

天養元年(1144年伊勢平氏の棟梁である平忠盛の六男として生まれる。母は藤原為忠の娘(異説として原高成の女とも[1])。紀伊国熊野地方で生まれ育ったと言われており、熊野別当湛快の娘で湛増の妹でもあった女を妻としたこともあったようである。

治承2年(1178年従四位上。治承3年(1179年伯耆守。治承4年(1180年正四位下薩摩守

歌人としても優れており藤原俊成に師事した。平家一門と都落ちした後、6人の従者と都へ戻り俊成の屋敷に赴き自分の歌が百余首おさめられた巻物を俊成に託した。『千載和歌集』に撰者・俊成は朝敵となった忠度の名を憚り「故郷の花」という題で詠まれた歌を一首のみ詠み人知らずとして掲載している[2]。『千載和歌集』以降の勅撰和歌集に11首が入集[3]。なお、『新勅撰和歌集』以後は晴れて薩摩守忠度として掲載されている。

源頼朝討伐の富士川の戦い源義仲討伐の倶利伽羅峠の戦い等に出陣。一ノ谷の戦いで、源氏方の岡部忠澄と戦い41歳で討死。平家物語によると源氏に紛れる作戦をとっていたが、源氏の多くが付けていないお歯黒を付けていたので見破られて討たれた。その時箙(えびら)に結びつけられたふみを解いてみると、「旅宿の花」という題で一首の歌が詠まれていた。

行(ゆき)くれて木(こ)の下かげをやどとせば花やこよひのあるじならまし

彼が討たれた際、文武に優れた人物を…と敵味方に惜しまれたという。戦の後、忠澄は忠度の菩提を弔うため、埼玉県深谷市清心寺に供養塔を建立している。

さざなみや 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな

千載集六十六

兵庫県明石市には、忠度の墓と伝わる「忠度塚」があり、付近は古く忠度町と呼ばれていた(現・天文町)。また忠度公園という小さな公園もある。神戸市長田区駒ヶ林には、平忠度の腕塚(地図)と胴塚(地図)がある(神戸市認定地域文化財)。

唱歌「青葉の笛」(大和田建樹作詞、作曲・田村虎蔵)の二番は、俊成に歌を託した忠度を歌っている。

更くる夜半に 門(かど)を敲き わが師に託せし 言の葉あわれ 今わの際まで 持ちし箙に 残れるは「花や 今宵」の歌

 曲:[1]

その他[編集]

が「ただのり」であることから、忠度の官名「薩摩守」は無賃乗車(ただ乗り)を意味する隠語として使われる場合がある[4]狂言『薩摩守』では渡し舟に乗り、「平家の公達、薩摩守忠度」と言って舟賃を踏み倒そうとする僧が登場しており、かなり古くから知られた語呂合わせであったと見られる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「良峯氏系図」(『続群書類従』巻第174所収)
  2. ^ 平家物語』巻7「忠度都落」
  3. ^ 『勅撰作者部類』
  4. ^ 宮武外骨編『日本擬人名辞典』20頁(成光館、1930)
  5. ^ 『狂言記』〈『新日本古典文学体系』58〉所収「薩摩守」(98頁)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]