山脇直司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山脇 直司(やまわき なおし、1949年3月26日 - )は、日本の哲学者。専門は公共哲学、社会思想史、ドイツ観念論など。星槎大学教授、東京大学名誉教授。

経済学から哲学に転じ、ドイツで学位を取得、最近は日本で支配的な「哲学学」批判と、哲学概念の再検討を含む学問論、およびグローカルな公共哲学を展開している。また、ユネスコの「地域間哲学対話」プロジェクトのコアメンバーも務めている。

経歴[編集]

1949年、青森県八戸市に生まれ、1967年に青森県立八戸高等学校を卒業後一橋大学経済学部に進み、1972年に卒業。指導教員は塩野谷祐一。1975年上智大学大学院哲学研究科修士課程修了。指導教員はチェコ人のルートヴィヒ・アルムブルスターとドイツ人のクラウス・リーゼンフーバー

1978年、旧西ドイツミュンヘン大学に留学し、ローベルト・シュペーマンのもとで1982年同大学の哲学博士号を所得。

帰国後は東海大学文学部文明学科専任講師、上智大学文学部哲学科助教授を経て、1988年の東大駒場騒動の際に谷嶋喬四郎東京大学教授の推薦を受け東京大学教養学部社会科学科助教授となる。1993年同教授、1996年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授。2013年定年退任し、星槎大学教授。 

八戸大使、経済産業省産業構造審議会基本政策部会委員、国際連合大学グローバルセミナー企画委員、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター執行委員等も務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヨーロッパ社会思想史』(東京大学出版会、1992年)
  • 『包括的社会哲学』(東京大学出版会、1993年)
  • 『新社会哲学宣言』(創文社、1999年)
  • 『経済の倫理学』(丸善、2002年)
  • 『公共哲学とは何か』(ちくま新書、2004年)
  • 『社会福祉思想の革新』(かわさき市民アカデミー出版部、2005年)
  • 『グローカル公共哲学――「活私開公」のヴィジョンのために』(東京大学出版会、2008年)
  • 『社会とどうかかわるか』(岩波書店、2008年)
  • 『社会思想史を学ぶ』(ちくま新書、2009年) 

共著[編集]

共編著[編集]

  • 田中克彦糟谷啓介)『ライブラリ相関社会科学 (4) 言語・国家、そして権力』(サイエンス社、1997年)
  • 大沢真里大森彌・松原隆一郎)『ライブラリ相関社会科学 (5) 現代日本のパブリック・フィロソフィ』(サイエンス社、1998年)
  • 内田隆三森政稔米谷匡史)『ライブラリ相関社会科学 (7) ネイションの軌跡』(サイエンス社、2001年)
  • 佐々木毅村田雄二郎)『東アジアにおける公共知の創出――過去・現在・未来』(東京大学出版会、2003年)
  • 丸山真人柴田寿子)『ライブラリ相関社会科学 (10) グローバル化の行方』(サイエンス社、2004年)
  • 宮本久雄)『公共哲学の古典と将来』(東京大学出版会、2005年)
  • 金泰昌)『公共哲学 (18) 組織・経営から考える公共性』(東京大学出版会、2006年)
  • 田中秀夫)『共和主義の思想空間――シヴィック・ヒューマニズムの可能性』(名古屋大学出版会、2006年)

訳書[編集]

  • ローベルト・シュペーマン, ラインハルト・レーヴ『進化論の基盤を問う――目的論の歴史と復権』(東海大学出版会、1987年)
  • P・コスロフスキ、フィリップ・クロイツァー、ラインハルト・レーヴ編『進化と自由』(産業図書、1991年)

参考[編集]

  • 『駒場2001』東大教養学部