ルートヴィヒ・アルムブルスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ludvík Armbruster

ルートヴィヒ・アルムブルスター(Ludvík Armbruster、1928年5月16日 - )は、オーストリア国籍を持つチェコ人のカトリック(イエズス会司祭、哲学者。プラハ生まれ。プラハ・カレル大学神学部名誉教授、上智大学名誉教授。

経歴[編集]

 1928年プラハで祖父がオーストリアの出自を持つ家系に生まれた。1934~1939年、プラハのヌスレ(cs:Nusle)地区の改革的小学校で学ぶ。1939~1947年、プラハのヴィシェフラット地区の国立総合高等学校で学び、卒業後にイエズス会チェコ分会に入会する。チェコの巡礼地でもあるヴェレフラット(cs:Velehrad)で2年間進学準備をした後、ジェチーン市のイエズス会哲学・社会学学校で哲学を学んだ。1950年、チェコの州のイエズス会士は宗教上の理由によりボホスドフ(cs:Bohosudov)に強制送還され抑留される。しかしアルムブルスターは、オーストリアの出自であったために、抑留を解かれて出国が認められた(強制された)。

 1952年ローマグレゴリアン大学哲学科を卒業する。ローマでアルムブルスターに、日本での伝道が告げられる。来日して横須賀市で日本語を2年間勉強した後、上智大学で哲学を学び、ヨハネス・ジーメスに師事する。その後4年間ドイツのフランクフルトにあるザンクト・ゲオルゲン哲学・神学大学(Philosophisch-Theologische Hochschule Sankt Georgen) で学び、1960年、ヤスパースに関する研究で神学博士。1959年叙階し、司祭となる。

 1961年に再び来日した。1962年4月から上智大学文学部哲学科講師となり、助教授を経て1969年から1999年まで教授を務めた。カントからヘーゲルまでのさまざまなテキストを使用して、ドイツ観念論を詳細な哲学史的背景とともに教授した。弟子に東京大学教授山脇直司、上智大学教授大橋容一郎、広島市立大学准教授柿木伸之らがいる。1975~1983年、上智大学図書館長を任命され、1984年に開館した上智大学中央図書館の建築に尽力した。1965~1970年、東京神学校の校長。1989年からチェコのイエズス会と神学大学の復興に尽力し、定期的にチェコを訪問した。

 1999年にチェコの故郷へ帰国し、2003~2010年、プラハ・カレル大学神学部学部長を務める。現在、[1]プラハ聖イグナチオ教会司祭。

 2006年上智大学での大学図書館建築への貢献に対する建築部門、および日本とオーストリア、チェコの交流への貢献に対してオーストリアの科学・芸術名誉十字章勲一等を叙勲。2008年10月28日、チェコ大統領ヴァーツラフ・クラウスにより、教育分野のチェコ国家功労勲章を叙勲。

思想[編集]

アルムブルスターの思想は、キリスト教とは異質な宗教的環境で過ごしたことを特徴としている。彼の哲学的見解は、戦後日本に対するアクチュアルな問いかけへの回答であり、近代ヨーロッパ思想との媒介を行うことが、上智大学での彼の課題であった。特にイマヌエル・カントおよびヘーゲルを初めとするドイツ観念論現象学実存主義を研究した。

主業績[編集]

  • Objekt und Transzendenz bei Jaspers : sein Gegenstandsbegriff und die Möglichkeit der Metaphysik, Innsbruck, 1957
  • マルティン・ハイデッガー『技術論』(共訳)理想社 1965
  • 体制と反体制:その人間学的一考察 『ソフィア:西洋文化ならびに東洋文化交流の研究 』20(1) 1971
  • もてあそばれた暴力--現代における権力の正当性 『自由』13(10) 1971
  • 制度とユートピア--人間学の断片 『哲学雑誌』哲学会編 86 1971
  • 社会制度と意識の構造--人間疎外に対する楽観的疑問 『世紀』280 1973
  • 解存的実存と歴史--歴史哲学の原点 『理想』491 1974
  • 超越と内在の「間」『講座 哲学 第1巻 哲学の基本概念』東京大学出版会 1988
  • 『大ハプスブルク帝国 : その光と影』(共編)南窓社, 1994
  • カントにおける「根源悪」『現代思想』 22(04) 1994
  • 哲学と宗教――キリスト教を中心に 『哲学』日本哲学会編 45 1995
  • シェリングの哲学とキリスト教 『シェリング年報』4 1996
  • 理想と実存--シェリングの後期哲学を通じて見たる 『哲学論集』28 1999

参考[編集]